2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
2chの批判は何故?あまり知られていないか?【メディア編】
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


電車男の放送に関連して、
何故?メディアではこれだけ危険なものを放置しているのか?
その解説をしてみたいと思います。

「2ちゃんねるの実態」が伝わらない理由として、
2ちゃんねるによる「執拗な批判潰し」がネット上で行われている。

その実情を以前はお話しました。

今回はメディアが何故?問題にしないか?について解説いたします。



ネット上であらゆる批判を潰す2ちゃんねる・・・。

しかし、TVなどのメディアは何故?
このような重大な社会問題を取り上げないのでしょうか?
これだけ明確に多くの被害者が出ているのにも関わらず・・・。

それは「2ちゃんねる」をメディアで堂々と批判すれば、
通常の業務が不可能になるほどの大規模な電話でのクレーム、
そして「真実とも限らない非難やデマなど」が、
ネット上で大規模に広められるからなのです。



実際に、2chに対して
比較的批判を行っている朝日新聞社は、
現在2ちゃんねらーたちの格好の標的になっており、
もはや現在では「朝日」というのは、
差別用語として扱われている程です。

中には真実もあるのでしょうが、
正直多かれ少なかれ、他の新聞社にも同じような
スキャンダルはあるでしょう。

何故?朝日だけ突出して非難を浴びているか?
これも極めて不自然な点でもあるのです。







メディアが2chへの批判を避けている・・・。

それを裏付ける現象は、
実は、みなさんも既に目にしているのです。

ニュースで時々、
「インターネットの掲示板で犯罪予告があった」
などというものが取り上げられていますが、

そのような場合、実は
ほぼ100%、その「掲示板」というのは2ちゃんねるのことです。
実はああいったことは2ch以外の掲示板ではほとんど起こっていません。

メディアは「2ちゃんねる」と明言せず、
あえて「インターネットの掲示板」と言葉を濁しています。
(最近少しは2chと明言するケースも少しは出てきましたが。)

これはもうひとつの理由として、
メディアが報道すると、結果として2chを有名にしてしまい、
有害行為がより蔓延するから。

というものも挙げられますが、
それにしても、この「押し黙りぶり」はおかしすぎます。

実際にこういったニュースに対しては、
コメンテーターもあまり具体的な非難のコメントは
しない所もおかしなところです。







また、TVメディアにおいては
批判的な意味合いで「2ちゃんねる」と使うこと、
そして2ちゃんねるへの批判は、
あからさまな程に避けています。

これも今後TVなどをご覧の際には、
是非みなさんも注目してみてください。



私が目にしたもので特に印象深かったものをいくつか
ご紹介いたします。



【フジテレビ:とくダネ!がのまねこ問題を扱った際の様子】

 のまねこ問題に関して、朝の情報番組「特ダネ」で小倉さんが
 「AVEXもあんなものに負けないで頑張って欲しい」
 と発言した瞬間のあのスタジオの空気の張り詰め方・・・。

 その後、大慌てで笠井アナが沈静していましたが、
 すぐに当日、
 「あれは番組の本意での発言ではない。実際の編成は笠井が担当している」
 とHPでも釈明。
 あの対応には見た人も首をかしげたと思います。




【太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中 2006/04/13放送】

 インターネット上での誹謗中傷を扱った番組でしたが、
 その例に出されているのは間違いなく「2ちゃんねる」のことでした。
 しかし、番組中「2ちゃんねる」という単語は一度も出さず、

 パネリストの高知昇さんも
 「そんな誹謗中傷が渦巻いているのはあそこだけでしょう?」

 と明らかに2chを指して発言。
 しかし「2ちゃんねる」とは決して言わない。

 この番組自体を見ていた人は、
 この「あえて2chと明言しないように気をつけている」
 異様な空気を察したことでしょう。





このように、メディアも叩かれるのを恐れて
具体的な2ちゃんねる批判を避けているのが現状です。

2chはその気になれば、ターゲットの誹謗中傷を
デマでもなんでも作り上げて広めてしまう所ですから・・・。

かつて2chを「便所の落書き」と多事争論で揶揄した、
TBSの筑紫哲也さんも、
今や2chの批判は避けています。






しかし、そんな中、
芸能人の中で勇気を出して、
名指しではないにせよ、堂々と2ちゃんねるを批判した方がいます。

それはジャーナリストではなく、一介の芸人さん。

爆笑問題の太田光さんです。


上記にも簡単に紹介いたしましたが、
彼は自身の冠番組「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」の中で、
2ちゃんねるにおける個人情報晒しの実態などを挙げ、

かつて深夜番組で2ちゃんねるを批判したことに端を発する、
自身の被害について熱弁したのです。

この当時は、当ブログも既にありましたので、
その番組の内容の概略は記事にしてあります。
「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」を観て。
こちらをご覧下さい。






しかし、前回のネット上の批判潰しにも紹介したように、
彼らは2chの批判に対して、
徹底的に脅しなどをかけてきます。

当然、この太田さんの場合もその例外ではありませんでした。


2ch上に「太田光が反日発言をラジオでしている」
などという大規模なデマを流し、
結果、その情報を信じ込んだ右翼団体の幹部が
太田さんに抗議文を送付。

太田さんは警備員を付け、
近隣の警察官もパトロールを強化するという事態に及ぶのです。
爆笑問題太田さんに2ちゃんねる批判への報復?
爆笑問題太田光さん2ch被害・追加資料


“2chを批判する人間は、命の危険に晒されても構わない。”

“デマを使って第三者を仕向ける”


これが2ちゃんねるの恫喝のやり方なのです。



だからメディアも恐れて何も言えない・・・。
政治家なんかはもっと言えないでしょう。
デマで世論が敵に回る危険性だってあるのですから・・・。




この現状を目の当たりにして、
あなたはどう思いますか??

日本は本当に平和な国なのでしょうか?
昨日、独裁国家北朝鮮がテポドンを発射したことが
大きくニュースになっていましたが、
日本だって危ない国なんです。

このように、批判があまり目にされていないから
自覚症状がないだけであって、

日本のインターネット社会は、
冗談抜きで「北朝鮮のような支配された言論社会」なのです。

2chに歯向かう者は、
あらゆる手段を使って脅し、潰す。





そしてその力を持っている人間は反社会的で
責任感も無く、2ch自体からも多くの犯罪が生まれ、
若者たちに「無責任で反社会的」な思想を埋め込む・・・。


これがまだ個人サイトならいいでしょう。
しかし、賠償金を強行に支払わない姿勢からも、
2chが西村の個人サイトである可能性は薄いでしょう。

屁理屈を捏ねていますが、
これでは彼はもう、確実に自己破産すら不可能だからです。





このような危険な集団「2ちゃんねる」
この背後には間違いなく、大きな「何か」がいることは確かなのです。
そしてインターネットの世界というものは、
「誰でも簡単に」入ってくることができます。


それがもし、政党だったら?
それがもし、カルト宗教団体だったら?
それがもし、ミサイルを発射してくるような危険な国だったら?


本当にあり得ない話でしょうか?
そして、果たして日本は今、本当に平和なのでしょうか?

「2ch運営の正体を知りたい!」と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。