2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「Wikipedia」2chに都合の悪い項目削除。~2ちゃんねるの圧力~
インターネット辞典「Wikipedia」。
ネット用語から一般の用語の解説まで、
あらゆる分野の用語解説をまとめたWEB辞典としてお馴染みで、
一般のユーザーが情報を持ち寄り、
ネットユーザーの情報収集に大きく役立つツールでもあります。

実はそのWikipediaにおいて、
2ちゃんねるに関する項目が大きく改訂され、
2ちゃんねるに不都合な解説が削除されるという事態が
最近起こってきています。



今回削除された項目は以下の3つ。

 ・反2ちゃんねる
 ・2ちゃんねるへの批判
 ・プロ固定



最近の、
「電車男スペシャルの放送決定」
「Yahoo!NEWSの2ちゃんねる関連犯罪記事の削除」
「2ch関連ブログを相次いで閉鎖」
「自作自演のサーバ不具合」

これらの出来事にも顕著に見られるように、
最近の2ちゃんねるの言論統制における「外部干渉」などの大きな動きは
あからさまに、そして激化を辿ってきています。

そして今度はWEB辞典wikipediaの項目に対する干渉・・・。
編集議論において多重アカウントを使うなどして、
強引に上記のような2ちゃんねるに都合の悪い情報を削除。



そして、その理由は「あまり知られていないから」。
だそうです。

「あまり知られていない」からこそ、
むしろ情報として掲載する価値があるのにこの屁理屈には
首をかしげるばかりなのですが・・・






実はこの中でも特に「プロ固定」という項目に関しては、
2ちゃんねるのスレッド内にもつい最近まで
以下の例のようなやり取りが散見できました。



 一般2ちゃんねらー:
  「http://anti2ch.blog61.fc2.com/で見たんだけど、
   2ちゃんねるにはプロ固定というものがいるって本当??」

 プロ固定:
  「そんなの、いつの話だ?古い噂話持ち出してくるなよ」
 プロ固定:
  「そんな話聞いたこと無い」

 一般2ちゃんねらー:
  「でもwikipediaにも載ってるよ。」



・・・wikipediaの存在が、プロ固定の疑惑の背中を押してしまっていたのです。


wikipediaにおける「プロ固定」に関する記事は、
特にその存在を全面肯定するような内容では無かったにも関わらず、
このように「2ちゃんねるの正体」を暴露する情報が
当ブログなどでも、明らかになってきており、
実際にそういった疑問や不満が噴出しているのを受けての
情報管制だと考えられます。


その一環として、一連の圧力に加えての今回のwikipediaの項目削除。
そして、wikipediaの項目「2ちゃんねる」にも、
編集により「2ちゃんねるを批判するサイト」への外部リンクが外されています。

これは確か、私もどこかで
「最近wikipediaからのアクセスが多い」
という話を出したような記憶がありますが、
恐らくはそれを受けてのことでしょう。

当ブログも1週間ほど前まではwikipediaの項目「2ちゃんねる」に掲載されており
実際に多くのアクセスがあったものです。
その結果、更に票数を伸ばすに至りました。



削除された項目「反2ちゃんねる」については、
以前に当ブログでも削除要請を受けてキャッシュを保管しておいてありますので
そちらをご覧下さい。
【閉鎖サイト資料】Wikipedia-反2ちゃんねる


また、同じく削除された項目「プロ固定」及び
削除に至ったやり取りなどのキャッシュ情報は、
以下のサイトにて保管してあるようです。
ウィキペディア「反2ちゃんねる関連記事削除事例」の資料
念のため、こちらの資料は当ブログでも
以後記事としてキャッシュを保管するように致します。




このように、最近の2ちゃんねるの情報管制は
極めて分かりやすくあからさまになってきています。

そして、その情報管制の少し前に、
「2ちゃんねる批判サイト」に対する大規模な圧力や嫌がらせがあり、
多くの批判サイトが閉鎖に追い込まれています。

その中では「2ch裏の歴史と噂と真相」への
ジオシティからの削除なども挙がりますが、

その当時は、当ブログへの掃討作戦にもかなりの力が入れられていました。
「参照:2ちゃんねるによる当ブログへのストーキングとその顛末。」




しかしながら、主要な2ちゃんねる批判サイトでもある
「2ch裏の歴史と噂と真相」
「2ちゃんねるストレス発散板」
「アンチ2chリポーターAICO」
「犯罪予備軍養成掲示板=にちゃんねる(2ちゃんねる)の裏事情・事件簿⇒違法性を暴く」
などの閉鎖には至らず、

さらに悪質な嫌がらせを行ったことで、
かえって2ちゃんねるの印象を悪化させ、

当ブログへの票数も、大幅に増やすことに貢献してしまい、
結果上記の「2ちゃんねる批判サイト」の知名度をぐっと上げてしまう。

そして、真相を知った方々が
「2ちゃんねるに対する不満や批判」を2ちゃんねる内やブログなどで
声を上げ始めるに至ってしまったのです。




そこで2ちゃんねる側が取ったのが今回の一連の言論管制ではないか?
と私は考えています。

「豊富な資金力」と「多くの人材」を有している2ちゃんねるに対して、
2ちゃんねる批判サイト側はほとんど全て個人運営。

そこで彼らに「力の差」を見せつけ、
さらにまだこれらの「2ちゃんねるの正体」に気付いていない方々への
印象操作を行う為のものだったのではないでしょうか?





しかし、私は正直なところ
あまりこれらのことに脅威は感じませんし、
そして他の方々に比べてあまり悲観もしていないのが本音です。

それは何故か?というと、
一見有効に見えるのですが、
これらの一連の出来事は、かえって私の訴えているような
「2ちゃんねるの裏側」の論に信憑性を持たせてくれているからなのです。

わざわざニュースなどに流した「サーバ不調」の件も、
特に2ちゃんねる批判の考えを知らない方でも、
少し「?」と疑問を感じます。

さらに当ブログなどをご存知の方は、
すぐに「何か裏がある」ということには気付かれたでしょう。





今回の情報管制は、一見派手で効果的。
そして2ちゃんねるの正体を知らない人たちには効果はあったかもしれない。

しかし、既に知っている人にとっては、
かえって「2ちゃんねる批判」に信憑性を与えてしまったに過ぎないのです。


もっと分かりやすく言えば、
最近北朝鮮がアメリカへの威嚇のために準備している「テポドン」。
あれととてもよく似ています。
効果を高めるばかりか、世界でより孤立させてしまう愚かな行為です。



結局、当ブログのランキング参加時に行われた「ブログ潰し」と同じで、
「嫌がらせをすればするほど」かえってこちらの力になる。
場所が「ランキング」から「インターネット全般」に変わっただけで、
その構図は変わっていないことに彼らは気付いていないのでしょうか。

そういうことも考えて作っているブログだということにも、
まだ気が付いていないのでしょうか。




お陰で最近、迷っていた中間層の方々が票を投じて下さったのか、
当ブログの票数がまたここ数日、飛躍的に伸び、
最高5000だったものがもうすぐ6000近くまで至っています。

こうすればまた、より多くの人に真相を知らせることができるのです。



こうした一連の2ちゃんねる側の「あがき」は、
かえって「2ちゃんねる時代の終焉」と、

2ちゃんねる無き「新しい日本のインターネット」に向けての
ネットユーザーの本音と希望の渦が見えてきているように感じてなりません。


もちろん、あまり楽観視もできませんし、
このまた更に裏側があるかもしれない。
まだまだ油断は禁物ですが・・・。






◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
◆2ちゃんねるの問題は他人事ではありません。
◆皆様の支援の「1日1クリック」をお願いいたします!
   ↓   ↓


スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。