2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
J-CIAからおいでになった皆様へのお願い。
本日になって、突然アクセス数及び投票数が急騰しております。
昨日まではアクセス元の大半がブックマークからでしたが、
どうやらあるURLからのアクセスがそのブックマークの数倍あり、
アクセス数は急上昇。
そしてブログランキングの投票も急上昇しているのです。

初めは、昨日の記事を受けて2ch側が何かしらの嫌がらせで
2ch本体での活動を辞め、
専用の荒らし推進場所を作ったのかと思っていましたが、
どうやらそういうことでもないようです・・・。


アクセス元のサイトは

「J-CIA」というもの。
紹介されているのは、左側のバナーの「読者がCIA」というボタンから、
「結局、2chの非常識が人権擁護法案を後押し?」の
「記事を読む」をクリックしていただければ行けます。

どうやら投稿形式で話題を読者が提供し、
それに対してコラムが書かれるという方式のようです。

当ブログをご紹介くださったYさんという方、
本当に感謝いたします。

そして、そのJ-CIAからこちらにおいでになった皆様のために、
当ブログの記事を抜粋してご紹介しておきます。

 ◆被害者への損害賠償請求命令を無視する2ちゃんねる管理人。
 ◆「電車男・ブーム」の真相。
 ◆例外無く誰もが被害者になる2ちゃんねる
 ◆2ちゃんねるによって“自殺した被害者たち”
 ◆2ちゃんねるに個人情報を晒された「女子中学生」の悲劇
 ◆2ちゃんねるによる「ネット情報操作の実例」~せいろん談話室より~
 ◆2ちゃんねる「のまねこ問題」の真相(?)
 ◆2ちゃんねるは誰のためのもの?
 ◆2ちゃんねる問題から学ぶ「ネチケット」の大切さ

他にも記事はたくさんありますが、
ご覧頂く場合は全記事一覧から行かれれば、
各記事をカテゴリ別にしてありますので、
分かりやすいかと思います。

また、2ch問題全体の概要については、
 ◆2ちゃんねる被害抑止の為にはあなたの力が必要です。
こちらにおおまかにまとめてあります。


記事のほうでは「証拠が無い」といった内容もありましたが、
2ちゃんねるでは証拠隠しは簡単にできるような仕組みなっております。
「証拠が無ければ何をやってもいい」
これが彼らのいつもの言い分です。

しかしながら、彼らの行動をきちんとみていれば、
そのような裏側が背景にあることは明白なのです。

そして2ちゃんねる運営側がネット社会の言論統制をしていることは
2ちゃんねる批判をした際に、極めて統制の取れた「批判潰し」
が行われていることからも簡単に分かります。

2ちゃんねる批判は私だけがやっているのではありません。
これだけ2ちゃんねるの被害者が多発しているにもかかわらず、
2ちゃんねるへの否定的な意見がネット上でほとんど聞けないのには
そういった組織的な「批判潰し」が徹底されているからです。
「例:2ちゃんねるによる「ネット情報操作の実例」~せいろん談話室より~」

当ブログがたくさんの方々に支持頂いている背景には、
当ブログがこれまで組織的な「批判潰し」に合ってきており、
それを目の当たりにした方々が、
「プロ固定説」に信憑性を持たれたからということも背景にあります。
「参照:2ちゃんねるによる当ブログへのストーキングとその顛末。」


ここまで多くの自殺者や被害者を輩出している有害サイトが他にありますか?

「有用な意見が交わされる」という利点を挙げる方もいますが、
そもそもそういった利点は他のサイトも同じですし、優れています。

「内部告発」と言う部分でも、アメリカでは匿名ではない方法で行い、
それが既存メディアを脅かしています。

J-CIAさんもそうですが、匿名ではないんです。
匿名で自分の言葉に全く責任を取らない内部告発が、
いかに「事実無根の誹謗中傷」とその被害を生み出すか?
簡単に想像が付くと思います。

そしてそれらを意図的に行い、
被害者を増やし、その刺激ある話題でアクセス数を稼ぎ、
広告料などを稼いでいるのが2ちゃんねるの「稼ぎの仕組み」です。

そのトップにいる、
管理人西村博之も被害者への損害賠償請求に応じない行動などからも
分かるように、極めて悪意の強い人間です。

現状ではこのようなことへの証拠や、
2ちゃんねるの背後にある悪質な組織などに関する証拠は、
私のような個人ではとても調査できるものではありません。

まずはこのような実態を世の中に大きく広め、
その結果メディアや行政に詳しく実態を調査してもらうことで、
「証拠」を調査することもできると思っています。

この2ちゃんねるによる被害は、
「2ちゃんねるを見ている」「インターネットを活用している」に限らず、
社会に生きる全ての人がささいなきっかけで
被害者になる危険性の高い問題です。
「参照:例外無く誰もが被害者になる2ちゃんねる」

当ブログでは、このような実態をブログランキングの投票という形で、
世の中に大きく広め、
社会全体として真剣に考えていただけるように、
ご協力を呼びかけております。

是非、当ブログの主旨にご賛同頂いた方は「1日1票」のご協力を
お願いいたします!


そして、J-CIAさんの冒頭に書いてあるように
「永田町、霞ヶ関、マスコミ記者も注目するメディア」であって、
実際にそのような方々が当ブログをご覧になっていたら、
是非この問題を取り上げてくださいますよう、お願いいたします。

実態は見た目には理解し切れないほど、深刻です。
自殺する者、ネットストーキングや個人情報晒しをされる女子中学生など、
今のネット社会で群を抜いて最も被害者を多く排出しているこの
有害掲示板を、早く問題にすべきです。


・・・2ちゃんねるの被害者たちは子供にも多くいます。
  私たち大人が子供たちをまもってあげなくてどうするのでしょうか?
  どうか早く救ってあげてください・・・。

どうか、どうかよろしくお願いいたします!!





◆最後まで読んでくださってありがとうございます。
◆2ちゃんねるの問題は他人事ではありません。
◆皆様の支援の「1日1クリック」をお願いいたします!
   ↓   ↓


スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。