2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
2ちゃんねるに個人情報を晒された「女子中学生」の悲劇
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


2ちゃんねるは「2ちゃんねる批判」に対して、
執拗なまでの攻撃をしてきます。

それは相手が未成年者であってもお構いなしです。

今回はその一例として、
2ちゃんねる批判をしたがゆえに、
個人情報まで晒されてしまった少女の実例をご紹介します。
=====「2ちゃんねる被害者ストレス発散板」より引用(一部略)=====

被害者女性へ大規模な報復を行った2ちゃんねらー達
その公開処刑の風景を自分の個人サイトで実況し
いわゆる「見せしめ」を目的にしていると思われるコンテンツを
堂々とアップし嘲り笑う鬼畜2ちゃんねらーのコメントです。
こういった鬼畜ねらーのサイトには何もしないくせ、少しでも
2ch批判すれば大規模攻撃。最悪です!
下記のコメントは対象となる被害者への報復風景を実況して喜ぶ
鬼畜2ちゃんねらーのコメントです。
  ↓

こともあろうに2chに喧嘩を売ってしまった
まる○○歳の女の子の顛末です。

2ch、15chに対する挑戦状とも取れる名文を書いたのは○○さん
(○○歳、○○在住)。ちょっと見かわいいまる○○さんだが、
喧嘩を売った相手が悪かった。
誰がこのHPに気が付いたのかはわからないが、2月13日午前2時ごろから2chにスレッドが立ちだす。しかも思いっきりたくさん。
ざっと23の板にスレッドが立ち上がった。しかもどうやらこれらは同じ人物が立ち上げたらしい。
2chに対する批判なんてものは以前からあるわけで、
2ちゃんねらーたちはそんなことには余り反応しなくなっている。

しかし下手な鉄砲も数うちゃ当たる、の諺通りに、
ラウンジ板、廃墟ロビーニュース速報板で受けてしまう。
2ちゃんねらーに受けた時点でそのHPの運命は決まったも同然。
必然的に、○○さんのHPのアクセス数が急激に伸びて、
名無しさん、2ちゃんねらーというHNが次々に現れ書き込み数が
激増し、掲示板は荒れる。
まる○○さんもああいう強気なことを書いたまる○○歳、
謝ることなく削除で対抗する。
当然削除されたくらいで引っ込む2ちゃんねらーではない。
更に掲示板は荒れる。

2ちゃんねらーの意見としては、
「○○さんの言論責任(2ちゃんねるの悪口を書いたこと)を糾弾し、
強硬に謝罪を求める」人、つまり一部の2ちゃんねらーを見て
それがすべてだと判断するな!!という意見の人。
ただひたすらに煽る人、ただなごむ人(「どこからきたの??」
「ラウンジからです」みたいな)に分かれていた。
何はともあれ○○さんのHPのカウンターは
異常なペースで回りつづけ異常な数の書き込みがされていく。
それらに対して○○さんはひたすら削除で徹底抗戦。
しかし日中でさえ1時間に100から200ある書き込みを
すべて削除はできない。
ちなみに2ch、15chと並ぶ掲示板「megabbs」の管理人
「○○○くん」もこんな書き込みをしている。

日中でさえこれだけあった書き込み、
ついに魔のテレホタイムがやってくる。
そして12月13日午後11時過ぎ、○○さんの掲示板は陥落する。
しかし、○○さんの掲示板が陥落しても2ちゃんねらーは止まらない。
テレホタイムはたっぷりと残っているのだから。
エネルギーを持て余した2ちゃんねらーは
○○さんのHPのリンクをたどり友人のHPになだれ込んだ! 
彼らは、○○さんの友人の一人で2ちゃんねらーと交戦していた、
○○さんのHPへ侵攻。当然あっという間に陥落。
2ちゃんねらーは、HPを放棄して逃亡したのぶさんを追跡して、
逃げ込んだ(=愚痴を言いに行った)○○○○さんの掲示板を発見。
なだれ込む。陥落…と言いたいが、○○○○さんの対応よろしく、
ご迷惑をかけてはいけないと2ちゃんねらーは撤退。

さて、問題は何も関係ない○○歳の女の子がなぜ自分のHPに
あのような刺激的な名文を載せてしまったのか?ということ。
更に、そのHPをなぜか執拗に2chのスレッド化した
人物がいたということだ。

有り余る好奇心&テレホタイムを持て余す
2ちゃんねらーたちは○○さんの情報をしきりと収集する。
すると、URLが単純すぎてあっさりと見つかった
○○さんの隠し掲示板から驚くべき事実が暴露される。

まとめると、この同じ時期に○○さんのメアドがエロサイトや
出会い系サイトに登録されるというイヤガラセ被害を受けていた。
これについて○○氏は先ほどの掲示板に書いているように
自分ではないと全面否定。
しかし○○さんは犯人は○○○氏と判断し、友人と共謀して
彼のメアドを出会い掲載とに登録する、という報復に出たらしい。
その後の二人の話し合いで、
双方がネットから引退する、ということで片がつく。

これが1月20日のこと。
しかし○○歳の女の子はそんなことはすぐに忘れてしまう。
1週間もしないうちにHPを再開してしまう。
その復活の際に、
上に書いたように2ch&15chのアイドル板でネタにされたということが
○○歳の女の子の心に傷を残していたであろうという事は
容易に想像される。それがあの名文になったのだ。

そして○○さんの動向をずーっと監視していた誰か、
そう、誰かがそれを発見し2chにスレッドを立てまくったのだ。
誰とは断定しないが・・・・・

何はともあれ、
2ちゃんねらーによって
アッという間に○○さんの個人情報が暴かれる。
学校名、実名、所属部活、担任教師そして出席番号などなど・・・
 ちなみにこれらの情報は発見された掲示板に
○○さん自身が書き込んでいたものだ。
皆さん、気をつけましょう。

2ちゃんねらーに友人ともども追い込みをかけられた○○さんは
2月14日ついに2chに登場。

HPを閉鎖して、全面謝罪謝罪である。
しかし2chでこの話題が終わったわけではなかった。
「2ch・15chのこと」というスレッドはパート3にまで伸びていた。

○○さんはもうやめてほしいから謝りまくり。しまいには2chの管理人
「ひろゆき」にも電話をしたらしい。
さすがひろゆき、相手にしなかったらしい。
というよりひろゆき自身、こんな話題は知らなかったんだろうあー・・
とりあえず○○さんは門前払いされてしまう。

2chでのスレッドは更に伸びて、
「2ch・15chのこと(4)~そして伝説へ~」がたつ。
まあここらへんになるともうみんなの興味はなくなってきていて
惰性で議論が続いている。一人頑張っている人がいるが・・・・・・

とりあえずは一人の○○歳の女の子が
ネットから抹殺されて終了したのだ。

まあ軽軽しくしたことはすぐ我が身に返ってくる、
ということだろうか・・



  ↑
(解説)
>しかし日中でさえ1時間に100から200ある書き込みを
>すべて削除はできない。

日中で更に平日に書込みしている時点で加害者集団が学生では
ないことが分かります。間違いなくプロの煽り屋です。
一時間に200レス この数で「一部の2ちゃんねらーだ」という
表現は絶対に通用しません。

>彼らは、○○さんの友人の一人で2ちゃんねらー
>と交戦していた、○○さんのHPへ侵攻。当然あっという間に陥落。

被害者をかばう友人も共に葬り去る・・御約束ですね・・・
さすが西村博之の工作部隊 相手が未成年者でも容赦しません。

>さすがひろゆき、相手にしなかったらしい。
御覧のとうり冷淡な男です。

>というよりひろゆき自身、こんな話題は知らなかったんだろうなあー・・
状況が分からないのなら、それを把握しようとする努力はできるはず。
しかし自分達のボスに責任が及んだり、存在イメージに傷が付かない様に
しっかりとフォローを入れるのを忘れない。さすが煽り屋。

======引用終了=====
=

=====「2ちゃんねる被害者ストレス発散板」より引用(一部略)=====

【個人情報晒し被害に合った少女のコメント


2001年2月14日 21:30 ○○
2ちゃんねるに書き込みしたけれど信じて貰えないようなので、
UPします。
元アドレスのhttp://www*********は閉鎖したので
biglobeの中で1度でも開設したHPのアカウントが
二度と使えないというものがあったので
またここに新しく設置させて頂きます。

まず、ごめんなさい。
オタクと総称して呼ぶのは間違っていました。
中にはまともな人もたくさんいるということを知りました。
私がオタクと呼んでいたのは
数人のいきがっている人だったんですね。私の偏見でした。
2chから来た人の中にもやはり励ましのメールをくれる人がいました。
気付いたら無料レンタル掲示板のパスワードもばれていました。
これはかなわない、って思いました。
というよりも実力の差をみせつけられた感じでした。
いきがってヲタクなどと書いたことをココロからお詫びします。
そして何よりも、
私はインターネットが全ての人に向けて発信されているということを
忘れて多数の人に不愉快な想いをさせたことを反省しています。

もうひとつ。
掲示板の記事を大量に消したことに対してです。
全てとは言いませんが、いくらかは目を通してはいました。
例えば・・・私がブスとか、私がTOPのぶんを謝罪するべき、とか・・。

けれどもそこで返事をすると煽ることになると思い、
敢えてだまっていました。

掲示板が誰かによってどんどんデザインをかえられていくのもずっとずっと見ていました。

そして夜中の12:00ころに
掲示板がクラッシュしたことも知っています。
とにかく、荒らしのような書き込みは別として
親切に『注意』して下さった方の記事に返信をしないで消したのは
本当に反省しています。
ごめんなさい。

最後に2ちゃんねる・15ちゃんねるなどのスレッド、
又は私に関わった人にお願いがあります。
忘れてくれ、とは言いません。
ただ、ミラーサイトを作った方、写真を保存している方、
個人情報を流している方コラージュを楽しんでいる方、
もうおしまいにしてください。

お願いします。
どこが気に入らなかったか言ってくれたら(治せることであるかぎり)ちゃんとこれから気をつけます。必ず治すことを約束します。
本当にご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。

これが2ちゃんねるに書き込んだ○○@本物が私であるということがわかっていただけたと思います。
では、失礼します。

追伸:私はもう2度と2ちゃんねるの悪口を言いません。
だからどこかのサイトで私の名前で何か悪いことが書いてあっても
信じないで下さい。
私は絶対にしません。誓います。


(解説)

2ch批判を日記コンテンツにアップしたことで2ch煽り屋部隊による
報復荒しを受け不本意ながら謝罪の意をサイトにアップした女性管理人の
コメントです。明らかなる組織的で悪質な言論弾圧を彼女が受けていた
ことをコメントの中から読み取ることができます。
手口も一致していることから間違いなく相手はプロの煽り屋集団です。

更にこの被害者様のコメントは某2ちゃんねらーの
個人サイトで発見され、垂れ込まれたものです。
「2chを批判したり逆らったりしたら、この管理人のようになるぞ」という
メッセージを他のネットユーザー達に向けた いわゆる「見せしめ」を
意味する最悪のコンテンツです。 匿名権力2chの住人であることに
一種の征服感を抱く2ちゃんねらーの心境を物語るコンテンツと言えます。
他にもこういった処刑した2ch被害者を「見せしめ」として自分のサイトに
晒す2ちゃんねらーをよく散見します。
自分達で処刑した獲物を自慢気に晒したがる煽り屋に一片の罪悪感も
持ち合わせていないことを私達に教えています。

>2chから来た人の中にもやはり励ましのメールをくれる人がいました。
この励ましメールを出していた人物はおそらくマーク屋です。
言葉巧みに宥めて被害者を泣き寝入りさせるための工作員です。
意外にその人物こそ荒し部隊のリーダー格だったりもします。
(マーク屋は高い演技力が必要なためベテラン煽りがその任に充てられる)
他には親密な関係になり、さり気無く被害者の個人情報を聞き出す為に
接触するのも狙いの一つです。

>気付いたら無料レンタル掲示板のパスワードもばれていました。
ブラウザのクッキー記録を削除せずに2chに書き込めばこのとうりです。
更に煽り屋はプロのサイバー犯罪者なのであらゆる裏技テクを有した
正真正銘の秘密工作員です。まして相手が機械に疎いことの多い
女性ユーザーならクラッキングやパス解析などもやり放題です・・
ヤバくなれば本部(2ch)に逃げ込んで西村博之に頼み込めば完全犯罪成立です。

>そして何よりも、私はインターネットが全ての人に向けて発信されている
このセリフは下記URLの煽り屋のお決まり文句を言われ強引に納得
させられたことを物語ります。
http://r.netabbs.info/test/read.cgi/uxgmswe/1121652904/8
n

>12:00ころに掲示板がクラッシュしたことも知っています。
いわゆる「DOS攻撃」という2ちゃんねらー御得意のテロ技法です。
DOS攻撃は多少のチームワークが必要な攻撃なため相手方が組織的に
報復作戦を実行していたことを覗わせます。
他には荒らした掲示板をクラッシュさせることで証拠隠滅を図る目的もあります。
クラッシュさせられる前に必ずファイル保存しましょう。

====引用終了====






2ちゃんねるを批判したが為に、
2ちゃんねる上で学校名、実名、所属部活、担任教師、出席番号、
顔写真まで晒されてしまった少女の被害の実例です。

さらに悪質2ちゃんねらーたちは、
彼女の写真を卑猥な写真とコラージュまでして楽しんでいます。

このようなことが許されていいのでしょうか??

まずその手口を見ていただければ分かると思いますが、
DOS攻撃など、当ブログが受けた攻撃と全く同じパターンです。
(参照
)

ウィルスなどの無機質なものと違い、
「実際の人間」が大勢で悪意を持って攻撃されることは、
被害に合った人間にしか分からない恐怖と衝撃です。

実際に私も体験して、その精神的被害が予想以上であったと
実感しました。

更に、私は「煽り屋」の存在を認識しています。
彼女はその認識も無いのです。
しかも、上記に挙げられたように極めて具体的な個人情報まで
晒されてしまっているのです。

煽った連中はこのまだ幼い少女に、
一体どれだけ大きな心の傷を負わせたのでしょうか?


これらの手口を見ても、
まだあなたは2ちゃんねるが危険な存在ではないと思いますか?

このような被害を受けた子供の中には
自殺などの最悪のケースに及んでしまうことは想像できませんか?

2ちゃんねるの言い分としては、
「彼女を叱った」という意図のものを挙げてくるかもしれません。

しかし、例えば教師でも行き過ぎた行動は「体罰」になります。
この行動にとても正義があるとは思えません。

このケースを見ても分かる通り、
「子供たちが2ちゃんねるにアクセスしているかどうか?」
は問題ではありません。

一般的な掲示板に書き込んだり、
自分のホームページを作っただけでもこのような被害には合うのです。

これだけの危険をばら撒いているサイトを
このままにしておいて本当に安全なのでしょうか?

よく考えてみてください。

「中学生の女の子にまでここまでやる必要はない!」と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]
スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。