2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
『2ちゃんねる崩壊報道』~安心するのはまだです!~
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


ここ数日、ネット珍走族(=悪質2ちゃんねらー)からの
幼稚な書き込みが多発していることもあり、
コメント欄の精査も大変で困ったものです・・・。

中にはこの『2ちゃんねる閉鎖騒動』を受けて、
安堵の声を漏らしていらっしゃる方も多くいらっしゃいますが、
何度も申し上げている通り、

こういった『傾向』は喜ばしいけれども、
決して油断してはなりません。



連中にとって、
2ちゃんねるは重要な資金源。

そして自分たちの北朝鮮流の卑怯な世論を浸透させる為、
無くてはならないものなのです。

いかなる方法であろうと、
そんな「おいしいもの」を彼らが逃すはずもありません。

この件を受けて、
一体連中はどのような「言い逃れ」をするのか?

その点にも、一緒に監視していく必要があります。


以下、コメント欄より、
注意を呼びかけるご意見や、
私自身の見解と一致しているものをいくつかご紹介します。



アッサラーギさんのご意見


私が考えるに、2ちゃんねるをつぶすというのは、
別に2ちゃんねるという掲示板をつぶすのではなく
2ちゃんねるというビジネスモデルそのものを
つぶしてしまう必要があるんだと思います。

ちょうど、堀江氏の旧ライブドアの事件と同じで、
「もう、ネット社会で2ちゃんねると同じ手口は使えませんよ」
という形にするのが大事なのではないでしょうか





真に闘うべき相手は / HBTさん


紹介のニュース記事を読みました。

なるほど大きなニュースではあるかもしれませんが、
私自身は記事を読む限り、楽観は禁物である、
むしろこれからが正念場なのだとの所感を禁じ得ませんでした。

反2ch運動に共鳴はしますが、
2chの撲滅そのものがその目的たり得るとは考えませんし、
今回のようなニュースによって安いカタルシスを共有しようとも思いません。

既に2ch臭や2ch脳といったものが
2chの内外を問わずインターネットに蔓延しているように、
たとえ西村への制裁や2chの閉鎖が実現したとしても、
2chという場が人心や社会に及ぼしてしまった悪弊そのものは、
その後も日本のネット風土に永く永く澱のように滞留し続けることでしょう。

かくも荒廃してしまった土壌をいかに復興し、
根強く残るであろう2chの残滓といかに対峙するか……。

それは、もしかしたら
これまで以上に地道で息の長い闘いになるかもしれませんが、
そうした事もまた、反2ch運動の一環といえるのではないでしょうか。






今日は少し忙しかったので、
手短ですが皆様に『注意』として呼びかけておきます。

この問題がどちらに転ぶにせよ。

今年はやはり、何かが違います。
何かが変わり始めています。

それだけは確かなように思います。

連中はどこまでも卑怯です。

嘘・・・。
捏造・・・。
証拠隠滅・・・。

どんな手段も使ってきます。

まだ、2ちゃんねるの実態が世に明かされ、
耐震偽造やオウム事件と同等に真剣に、
社会に取り上げられなければ。

本当の意味での『安心できるネット社会』はやってきません。

力を合わせて、
卑怯者たちをネット社会から駆除しましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
「何ちゃんねるになっても、2ちゃんねる的なものは無くすべきだ!」
と思う方はクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。