2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
被害者への損害賠償請求命令を無視する2ちゃんねる管理人。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


当ブログでこれまで紹介してきたように、
2ちゃんねるによる誹謗中傷で生活を困難にされている
被害者の方々は大勢存在します。

その事実として、
2ちゃんねるを相手取って数々の訴訟がこれまで起こされており、
結果、被害者への損害賠償支払い命令に至っているケースが
数多く決定されています。

しかし問題はその件数・判決だけではありません。

その損害賠償支払い命令に、
2ちゃんねる管理人西村博之は一切従っていないのです。

つまり、被害者に一円も支払っていない。

という極めて悪質な姿勢を取っているのです。


まず、2ちゃんねるを相手取った訴訟を一部紹介します。


動物病院に対する誹謗中傷で書き込み削除と損害賠償400万円の支払い命令
管理人に110万円支払い命じる 2chに削除義務 賠償命令
北川みゆき対談記事転載差止事件控訴審
「清水香織:裁判」




これらの訴訟及び賠償金支払い命令の多さは
2ちゃんねるがどれほど社会に被害を及ぼしているか?
それを証明するものでもあります。


そしてその判決の一部を紹介します。





【動物病院に対する誹謗中傷に関する判決文より】

被告(西村博之)は,本件掲示板において,
「気兼ねなく,会社,学校,座敷牢からアクセスできるように,
  発信元は一切分かりません。お気楽ご気楽に書き込んで下さい。」

と発言し,違法行為を誘発している。
このような被告の行為により,本件掲示板において,名誉毀損等の違法な発言がなされ,
損害が生じ得べき危険状態が惹起されたといえる。





【北川みゆき対談記事転載差止事件控訴審より】

被控訴人は,本件掲示板の運営者として,
削除依頼は削除依頼掲示に記載すべきものとするガイドラインを設定しており,
これ以外の方法による削除要請を受理しなくともよいか のごとく主張するが,
これは,被控訴人が一方的に取り決めた通告方法にすぎず,
本件掲示板に何ら特別な関係を持たない控訴人らに法的な効力を及ぼすことはできない。






このように、2chでの被害において、
管理人が積極的に誹謗中傷を煽っていること、
そして削除依頼に関するガイドラインなどの身勝手さなどは
裁判でも指摘されているのです。



しかし、問題はそれだけではありません。

前述したように、
西村博之はこれまで賠償命令に一切従わず、
そして被害者に一円も支払っていないのです。





そして、その事実に対して彼はどう考えているのでしょうか?
雑誌などのインタビューに彼はこう答えています。






CNET japan 「IPログ保存で2ちゃんねるは変わるか」より抜粋

――現在、他にどのくらい裁判を抱えているんですか?

 全部で6件、賠償請求の総額は約7億7000万円です。


――もし裁判に全敗したら、2ちゃんねるは潰れるんですか?

 どうでしょうね。サーバの費用が払えなくなったら、
 2ちゃんねるは潰れると思うんですよ。
 ただ、広告クライアントからは、2ちゃんねるで使うサーバを
 契約している会社に直接お金を払ってもらう形に変えはじめて
 いるので、僕を経由しないんです。


 サーバに対して判決が出れば、2ちゃんねるで利用しているシ
 アトルのサーバを差し止めることができますが、日本の判決は
 日本国内にしか適用されません。

 そこまで想定して海外にサーバを置いたわけではなくて、
 結果的にそうなったんですけどね。

 他に考えられる手段としては、2ちゃんねるのドメインを財産と
 みなして、その財産を差し押さえるという方法があります。
 ただしこの場合は、具体的な金額算定をどうするかという問題と、
 2ちゃんねるのドメインがある「.net」の管理団体は海外にある
 という問題があります。
 日本で決まった事項に対して、彼らが従うかという問題ですね。


――総額7億7000万という数字についてはどう考えますか?

 払えないラインを超えれば、あとはいくらになっても一緒なんですよ。
 もし僕が誰かにお金を借りていて、それを返せというのであれば、
 きちんと払おうと思うんです。
 けれどそうではないので、判決が出ようとも僕の中で払う気はないんですよ。
 書き込みをした人に責任があるという自分の主張は変わらないので、
 そこで「1円でも払わない」というラインは多分変わらないと思います。

 ただ、自分から差し出す気はないけれども、
 財産を差し押さえて持っていく分には勝手にどうぞという感じですね。
 あとは僕に対して請求権を持っている人がその権利をどう行使するか
 という問題ですから。


――これからも2ちゃんねるを続けていきたいと思います?

 多分、僕の中でゲームになっているんですよ。
 こういう状況においてどういうふうな行動をしたらどうなる、っていう。
 2ちゃんねるがどうこうと言うより、2ちゃんねるがこのままどうなるかっていう
 ゲームになっている、という感じですね。








・Asahi Shimbun Weekly AERA 2004.7.12より抜粋

――判決で命じられた賠償金を支払わないのは。

払えないですよ。合計したら2千万円超えてるんじゃないですかね。
もし、払える余力があっても払わないんじゃないですか。

――それはなぜですか。

これは払う義務ではなく、(勝訴した相手側が)お金を取る権利だと思うんですよ。
相手からすれば債権だけど、こちらにとっては義務じゃないと思っています。

取り立てられても生活費以上はもってけない。
それに、不法行為の損害賠償って7年が時効なんですよ。
7年たてばそれでゼロ。
だから32歳になったから、借金なくなったしまた別のことするか、って。


――じゃあ少しずつだけ返済して?

いや、払っちゃうとまずいんですよ。
払わないで、本当に最低限のお金で生きていけば大丈夫。
日本って結構よく出来た国です。


誹謗・中傷の書き込みで起こされた名誉毀損などの訴訟は20件以上。
判決が確定したのは少なくとも7件、合計額1530万円になるが、
西村氏は一件も支払っていない。







これが彼の賠償金請求に対する考え方です。
まるで他人事のように話し、なおかつ被害者の気持ちなど
全くのお構いなしです。

>広告クライアントからは、2ちゃんねるで使うサーバを
>契約している会社に直接お金を払ってもらう形に変えはじめて
>いるので、僕を経由しないんです。

 2ちゃんねるというものは非常に巧妙な仕組みになっており、
 本体はあくまで個人サイト。そして非営利となっています。
 その広告には別会社が担当し、
 広告収入はその会社に支払われる仕組みです。
 こういう場合を想定してのカラクリなのではないでしょうか?
  「参照:2ちゃんねる関連の企業の相関図」


>2ちゃんねるで利用しているシアトルのサーバを差し止め
>ることができますが、日本の判決は
>日本国内にしか適用されません。
>そこまで想定して海外にサーバを置いたわけではなくて、
>結果的にそうなったんですけどね。

 果たして本当に想定していなかったのでしょうか?


>多分、僕の中でゲームになっているんですよ。
>こういう状況においてどういうふうな行動をしたらどうなる、っていう。

 たくさんの被害者や自殺者まで輩出しておきながら、
 それが「ゲーム」で許されるのでしょうか?
 彼に罪の意識は無いのでしょうか?

>もし、払える余力があっても払わないんじゃないですか。
 「収入が無くて払えない」のならまだしも、
 「払える余力があっても払わない」というのは極めて悪質です。
 確かに2ちゃんねるは個人サイトであり、
 直接西村博之に収入はありませんが、上記の企業相関図を見ていただければ
 分かる通り、広告収入の会社などの代表取締役などには
 西村博之の名前が掲載されています。
 どのようなカラクリで西村の手元にお金が入って来ていないことになって
 いるのかは分かりませんが・・・。

>これは払う義務ではなく、
>(勝訴した相手側が)お金を取る権利だと思うんですよ。
>相手からすれば債権だけど、
>こちらにとっては義務じゃないと思っています。
 実に身勝手な解釈です。


>不法行為の損害賠償って7年が時効なんですよ。
>7年たてばそれでゼロ。
>だから32歳になったから、
>借金なくなったしまた別のことするか、って。
>払わないで、本当に最低限のお金で生きていけば大丈夫。
>日本って結構よく出来た国です。

 時効まで支払うつもりは無いようです。
 私は法律には詳しくありませんがこのような方法が
 許されても良いのでしょうか?



このように、彼は有害情報で被害を蔓延させるだけではなく、
その被害者に実質的に泣き寝入りを強いているのが現状です。

以下に被害者の方々の声を抜粋します。






清水香織:裁判
■名誉棄損訴訟 勝訴後も脅迫数千件

清水さんの弁護士
「これでは勝訴しても意味がない。何らかの対策が必要」




■発信者非開示なら2ちゃんねるに1日3万5千円の制裁金

寺沢氏は「2ちゃんねるを相手に訴訟を起こして勝訴しても、
泣き寝入りしている人がたくさんいる。そんなことが許されるわけがない」と話している。





2ちゃんねるによる被害には、結局合ってしまえば
裁判を起こしても管理人が対応せず、支払いも無視し、
被害者は苦しみ続ける構図が続くのです。

このような悪質なものを、
私たちの住む日本社会に放置していて良いのでしょうか?

2ちゃんねる管理人西村博之の盟友ホリエモンも今や容疑者の身。
しかしながら、西村はホリエモンとは比較にならない極悪人です。
本来はホリエモン以上に彼こそが逮捕され、
刑務所に収監されるべきです。

法律の実態はどうあれ、
刑務所も警察も、法律も、
日本社会に大きな悪影響を及ぼす人間を鎖につないでおく為の
ものではないのでしょうか?



また、もうひとつ不審な点がひとつあります。
これだけ悪質な行為を行いながら、2ちゃんねる内では
大したバッシングすら起こっていません。

そしてネット上でもこの件について書けば、
大勢の嫌がらせが殺到し、封殺されてしまいます。

だから目立つところにこの情報が掲載されていないのです。

件ののまねこ問題では、
著作権者の存在しないものに対して、
AVEXが申請を行っただけであそこまでの大規模な攻撃がされました。

その件のAVEXと、今回紹介した西村の裁判に関する対応。
悪質なのはどちらか?
といえば火を見るより明らかなのです。

2ちゃんねる内で非難の声が上がらないのは極めて不自然です。

ここまで都合よく話が沈静されていることからも、
2ちゃんねるの言論統制が徹底的に組織ぐるみで行われていることも
示唆しています。



このような裁判に関する批判を行えば、
「お前はヒロユキから生活を奪って楽しいのか!」
などという2ちゃんねる側からの非難が上がります。

では聞きますが、
被害者の方のことはどう思うのですか?
いつものように「自業自得」「自己責任」ですか?

むしろその言葉は西村博之にこそふさわしいと何故思わないのですか?


このように悪事を働き、
それが許されているのが2ちゃんねるの現状であり実態です。
2ちゃんねるでは悪事を働いた者が勝つ構図が
巧妙に仕組まれているのです。


早急にこの問題を世の中で重視し、
メディアや行政に取り上げてもらうようにしなければ、
被害者は増え、世の中が悪化する一方です。


「インターネットの悪」は、
私たちインターネットユーザーがきっちり問題提起し、
駆逐していきましょう。


◆西村は被害者にきちんと賠償金を支払うべきだ!と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]


スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。