2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
新たな2ちゃんねる包囲網!総務省が新たな方針を発表。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


このところ、メディアでも
猫タブー(2ちゃんねる非難をタブーとすることの業界用語)
の崩壊が顕著になっている中、

総務省とネット業界各社は、
相次ぐネット被害に対して新たな方針をまとめました。

2ちゃんねるでの被害の実態が大きく知られつつあり、
この方針も明らかに2ちゃんねる被害を強く認識したもので
あることは内容からも見て取れます。





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

発信者情報:同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針



 インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損について総務省と業界団体は、
 情報を書き込んだ発信者の同意がなくても
 被害者に発信者の氏名や住所などを開示する方針を固めた。

 これまでは発信者が開示を拒否すれば、
 誰が悪質な情報を流したか被害者側には分からず、
 泣き寝入りするケースが多かった。

 業界団体は新たなガイドライン(指針)を年明けに作り、
 来春から導入する。【ネット社会取材班】


 02年に施行されたプロバイダー責任制限法は
 プライバシー侵害など正当な理由があれば、

 被害者がプロバイダー(接続業者)に対し、
 書き込みをした発信者の情報開示を求める権利を初めて認めた。

 しかし、実際の運用では
 「どのような内容が侵害に当たるか明確な基準がなく、業者側で判断できない」
 (社団法人テレコムサービス協会)との理由で、
 発信者の同意が得られなければ事実上、開示できなかった。

 このため、業界は総務省とも協力し、
 同法に基づく自主的な発信者情報開示のためのガイドラインを策定することを決めた。

 原案によると、他人の氏名や住所、
 電話番号など個人を特定する情報を掲示板などに勝手に書き込む行為を幅広く
 「プライバシー侵害」と認定。個人を名指しして病歴や前科を公開することも含まれる。

 こうした場合にプロバイダーが被害者からの要請を受け、
 発信者の同意がなくても、
 その氏名や住所、電話番号、電子メールアドレスなどを開示できるようにする。

 一方、名誉棄損については、
 プロバイダーによる任意の発信者情報開示をあまり広く認めると
 「政治家や企業経営者らの不正や問題点の内部告発までネット上からしめ出す懸念もある」
 (業界団体幹部)と判断。

 これまでの名誉棄損裁判の判例も踏まえ、
 公共性や公益性、真実性などが認められない
 個人への誹謗(ひぼう)や中傷に限って自主的な開示の対象とする。

 被害者は裁判で発信者情報の開示を求めることが多かったが、
 悪質な書き込みをした発信者を早急に特定し、
 損害賠償請求できる可能性も高くなるとみられる。

 業界と総務省は一般からの意見も募集したうえで、
 早ければ来年2月にも導入する方針。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


いよいよ相次ぐ2ちゃんねる被害に対して、
メディアだけでなく行政も重い腰を上げるようになってきたようです。


『他人のプライバシーや誹謗中傷が書き込まれる』
『被害者が泣き寝入りしているという現状』


この問題点を見ても、どこのことを言っているかは明白です。

そのようなことが日常的に行われている場所、
さらにこのようなことが起こっている唯一の場所というものは、
一体どこなのでしょうか??


言うまでもありません。
2ちゃんねるです。


こうした大きな一歩が、
着実に歩みだされていることに大きな希望を感じて止みません。




しかしながら。

この報道に対して、
コメント欄には以下のような懸念も投稿されています。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


【何時ものことです】  7jmsさん

>早くも2ちゃんねるでは「ネットの言論弾圧だ」とか「表現の自由が
>奪われる」といったような問題点ずらしが行われていますが、それだけ
>脅威に思われているのかも知れませんね。

問題はこれからです。彼等2ちゃんねる陣営は必ず言論封殺だとか
権力の横暴を許すななどと大袈裟に騒いでくるはずです。
そして総務省に対し大量の抗議メールや抗議電話を送りつけてくるはずです。
そして2ちゃんねる派の市民団体やネット専門家があらゆる場所で
プロバガンダを繰り返し、最後には総務省職員に対する犯行予告など
ありとあらゆる圧力を加えてくる可能性もあります。
彼等は自分の利権を守るためなら何でもしてきます。
まして誹謗中傷等でメシを食っている者達にとっては死活問題。
しかし抜け目の無い2ちゃんねるのことなので対策は万全かと
思います。インターネットに無知な権力者にすがり付いて色々と
吹き込んでは擁護のための御言葉を賜るといったパターンもよく
あることです。彼等はそこのところの根回しが非常に上手い。

ま 何も無ければ無難に年が越せるのですがね。
2ちゃんねるは一筋縄ではいかない相手であることは間違いありません。
今後はどんなサプライズがあってもビビらないことが大事です。
そして慎重に事の成り行きを見極めていかなければなりません。

最後に一つ、総務省に激励と感謝のメールを出すなりして
職員が2ちゃんねるの圧力に屈してしまわないよう私達被害者が
励ましてあげるのがいいでしょう。
こうすることで日本のネット人の全てが2ちゃんねらーではないことを
教えてあげられればいいのではないでしょうか。

私達被害者も一つの世論であることを知って頂かねばなりません。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


この方のご意見に私も賛成です。
確かに「大きな一歩」ではありますが、
まずこれだけでは2ちゃんねるの被害は収まらないでしょう・・・。

もっと完全に抜け道の無い、
思い切った対策でなければ、
2ちゃんねるで起こる多大な被害を消し去ることは難しいと思います。



そして重要なのは、この7jmsさんがおっしゃっているように、
2ちゃんねる側の妨害工作です。



実は以前にも同じようなことがありました。

相次ぐウィニーによる個人情報の漏洩事件を受けて、
大手プロバイダーのぷららが、
ウィニーを擁護する2ちゃんねるも恐れず、
その規制に乗り出したのですが、

2ちゃんねる側は例によって多数派工作で総務省に抗議。

結果、このぷららさんの
『一般ネットユーザーを守ろう』という英断は、
違法とされてしまうに至っているのです・・・。




そのような危険性も、
私たちは認識しておかなければならないということです。


当ブログと致しましては、
この総務省の方針に強いエールと期待を送ると共に、
2ちゃんねるの卑怯な工作によって、
この一歩がかき消されてしまわぬよう、
読者の皆様にも、
是非総務省へのエールを送って頂きたいとお願いいたします。

総務省






もしこのような方針を出発点にして、
匿名性によるなりすましや多数派工作、自作自演が行えなくなれば、
はっきり言って2ちゃんねるはもうお終いです。

2ちゃんねるは『卑怯だからこそ』成り立っているのですから・・・。


運営側が意図的に書き込みを自作自演して水増ししたり、
多数派を装ってまだ未成熟な子供たちを操って暴力装置にする。

などといった、
2ちゃんねるの最大の武器が取られてしまえば、

「2ちゃんねるは実はそれほど人はいない」
「2ちゃんねる言論は実は少数派だった」

という、仮面がはがされてしまうのです・・・。






西村は頑なに誹謗中傷の加害者の情報開示を拒否しているケースもありますが、
それは当然です・・・。

ただの一般の2ちゃんねらーならば
喜んで発信者情報は差し出しますが、
運営側が率先して加担していることが
丸分かりになってしまうのですから・・・。


例えば、もし2ちゃんねるの
書き込みにIPアドレスが突如表示されたらどうなるでしょう?

同じIPアドレスの人間が何度も複数の人間を演じ、
同じIPアドレスだらけという珍妙な掲示板が出来上がることになります。


だからこそ、
日本の行政の手に届かない、
アメリカにサーバを置いているのかもしれません。







・・・色々とまだまだ不安な点はあります。

しかし、メディアも行政も明らかに
2ちゃんねる批判のタブーを乗り越えつつあるのは、
顕著なまでに大きな動きです。



彼らの行動を勇気付け、
もうこれ以上、2ちゃんねるの毒牙にかかる被害者を出さない為にも、
私たち一般ネットユーザーが声をあげていきましょう!

「2ちゃんねる言論はネットユーザーの本音ではない!」
「私たち一般ネットユーザーの声を聞いてくれ!」

一番最初の記事にも書いたように、
やはり『ネット社会の癌』を駆逐する役割は、
私たちネットユーザー自身からです。

私たちが声をあげて、
私たちの声がここにあることを伝えなければ。

メディアも動けない。
行政も動けない。

のではないでしょうか。



まずは『私たちネットユーザーから』です。




犯罪を率先して起こす、
あの異国の者たちの運営する掲示板を追放し、

安全で。
自由で。
そして『助け合い』で人と人のつながる、
美しいネット社会。

これを今現代を生きる私たちが、
自分たちの為だけではなく、
これから大きくなっていく自分の子供たちの生きる明るい未来のために。

作り上げていくことこそ、
どんな技術の発展や小難しい理屈なんかよりも、
最優先にすべきととだ。

と「ひとりの親」でもある私は思います。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
「多くの被害を生み出す2ちゃんねるは私たちの社会には必要ない!!」
と思う方はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]


スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。