2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
NHK『日本のこれから』~コメント欄のご意見~
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


先日の「NHK日本のこれから」の放送に対しては、
このブログのコメント欄にも、
非常に多くの感想やご意見が寄せられました。

コメント欄というものは次々に新しいコメントで
埋まっていくものですので、
みなさんのご意見を資料として残しておく為にも、

抜粋して記事に保管しておこうかと思います。

みなさんも是非、
一度目を通してみてください。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/09 21:06】2ちゃんいらないさん

今、NHKの番組を見ているのですが、
2ちゃんねるのいつもの嘘か本当が云々の台詞が
しょっぱなからメールでも発言でもでていたことに唖然としてしまいました。
西村の幼い顔つきにもびっくりしましたが。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/09 21:07】 一被害者さん

NHK『日本のこれから』みました。
なんというか靴の上から足を掻いているような。

ネット社会は勿論日本の将来のためにも
ここの管理人さんにがんばっていたたかなければ。

ユーザーや国家、警察をも
もっともっと啓蒙していただかなければと思いました。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/09 22:43】一被害者さん


前のコメントはちょっと国家や警察とかおおげさなことを書きましたが。
私の時の警察の対応からとても意識が低いと感じつい書いてしまいました。

勿論国自体もネット関係にまだまだ意識は低いと思います。

管理人さんや他の反2chの方々の地道な活動によって
やがて国や警察の意識もいくらか変わってくれることを願っています。

私も微力ながら出来ることから
おずおずと慎重にやっていければと思っています。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



かなり残念・・・
【2006/12/09 22:44】 たまこ少佐さん

NHK、観ました。
「2ちゃんねる」と、その被害の実態が、
ごく僅かながら取り上げられたのは、まだしも良かったのでしょうか・・・。

実際問題として「2ちゃんねる」発の犯罪者があとをたたず、
被害者が大勢いるというところまで触れられなかったことが、
非常に残念です。

パネラーの中では、職務上からでしょうが、
ネット社会・ネット犯罪について、
現実的な危険性を持って話されていたのは、
警察の方だけのように感じられました。

某評論家の呆けた発言には呆れてしまっています。

一般の方も、言いたいことが山ほどあったでしょうに。
中には、2ちゃんねる被害者もいたのではないでしょうか。

2ちゃんねらーが一人、例の屁理屈を言っていましたが、
パネラーに簡単に論破されたことは笑いが出ました。
会場でも浮いていましたねぇ。・・・



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



日本のこれから
【2006/12/09 22:58】 すけさん

忙しくて後半だけ・・・。
時間いっぱいまで、
皆さん「まだまだ言い足りない!」という感じの、白熱の議論でしたね。

第2段やってくれないかなあ、
議論形式だけでなく特集など、
もっともっとやってくれないかなあ、と思います。

私もそうですが全部見られなかった方たちのために、
こちらで番組内容を記事にまとめてくださるといいなあ、と期待しています。
毎日応援しています!



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/09 23:28】 しししどさん

NHKみていました。
こんなこといってはなんですが、
明らかにあまりまともでなさそうな人のほうが
「自由」を美辞麗句で飾って必死で主張していましたね。

そういうぬるい状況のほうが都合がいいからでしょう。
なにをやってもいい場所、たとえばテロに関わることであっても。

そういう温床をこのまま放置しておくことは国際信義にももとります。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



「日本のこれから」感想
【2006/12/09 23:29】 la pomme de terreさん

はじめてコメントします。

NHKの「日本のこれから」ですが、非常に興味深い内容で、
この長さの番組で2ちゃんねるのことを
ここまで露骨に論議したのは初めてではないか、と思いました。

ただ、前々から感じていましたが、
この番組の欠点として、様々なテーマについてぱらぱらと紹介するだけで、
特に深い議論が出来たとは思われません。

「2ちゃんねる特集」というテーマは難しいとは思うので、
どうしてもテーマは「ネット社会」という広く漠然としたものになるのは
仕方ないと考えますが、

2ちゃんねる被害の実例も乏しく、
唯一の例も具体例として適当だったか疑問が残ります。

自殺者の存在なども明らかにされず、不満です。

また、2ちゃんねる関係の話題の時間が少なく感じられたのは、僕だけでしょうか。

全体的に発言がどうどう廻りで、論点が漠然としており、
「Aだ、根拠はAだからだ」というような
(Aと言ったらA’と言って論証しなければなりませんが)
議論にもならないことがまかり通り、

個人的にはフラストレーションのほうが強かったです。

(……などと文句を垂れておきながら個人的に忙しいことを言い訳に
NHKにメール一本送らなかった僕も悪いのですが。)

また、議論の途中で「やはり」と思ったのは、
2ちゃんねる特有の詭弁が聞こえたことです。

意外なことに(?)kobaryu氏やひろゆき氏自身も登場し、
姑息な言説が披瀝されるのには辟易としました。

しかし今回の一番の問題は、ネット社会の病理
(基本的に文字だけのメディアであること。
 non-verbal communicationや関係性の論理の不在。それによる危険の蓋然性。)と、

2ちゃんねるの病理(明確なる悪意の存在。無辜の人が狙われる可能性の高さ。
負の強化子が除去されないことに起因する危機からの恢復の難しさ。)
が別物であるという意識が欠如していることでしょうか(つまり取材不足です)。

匿名匿名といったって、
2ちゃんねると他の場所では自ずから条件が異なってくると思うのですが、
そういう根本的なことを詳らかにすることなしに議論も何も無く、

結局表層をなぞった一般論に終わるか、
論点を定めるために論議するなどということに終始してしまうのではないでしょうか。

……とは言っても、完璧を求めることはないわけで、
2ちゃんねるへの攻撃が少しずつ始まるための狼煙だと考えれば、
とても有効な番組であった、とは感じました。

もっとこの手の番組をやってほしい、と切に願います
(……と、これもNHKにメール出せばいいんですけどね)。

番組で最後に紹介されたメールにありましたが、
やはり最後は思いやりなのですよね。

関係性の論理の不在、と書きましたが、皆思いやりを持つように努力していけば、
そういうコンセンサスが生まれれば、

「ともに思いやりを持って書いているんだ」という信頼の絆で関係性が結ばれ、
匿名であっても、現実的なコミュニケーションが望めるのではないでしょうか
(もちろんそれは犯罪に巻き込まれる可能性に盲目であれというわけではなく、
 メディアリテラシーも訓練しなければならないのですが)。

2ちゃんねる以外では、それが実現できるのではないかと愚考します。
長々と失礼しました(もし長さがご迷惑であれば、secretにはチェックを入れませんが、
表示しないでくださっても構いません)。

最後になりまして順番が逆だろうとも思いますが、
貴ブログをいつも興味深く拝見しております。
マイペースで、頑張らず、頑張ってください。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



私の送ったメールが、NHKで紹介されました。
【2006/12/09 23:33】 絢香さん

パパさんこんばんは、二回目の書き込みになります絢香です。

先ほど放送されたNHK「日本のこれから」の中で私の送ったメールが
有働 由美子アナウンサーによって紹介されました。
午後8時半過ぎに読み上げられた20代女性からのメールです。
内容は「今のネット社会は法律や信号がほとんど機能していない車社会の初期と同じ。
このままの状況が続くのなら、ネットを免許制にして
他人を誹謗中傷、名誉毀損などをした場合は減点や免停、
被害がひどい場合は免許を一生涯取り上げるべき」という内容のメールです。

私がNHKにメールをしたのはこのブログの11月28日の記事
【NHK「日本のこれから」~ネット社会~に情報提供を!】を見たからです。
この記事がなかったらNHKがこういう放送をすることも知りませんでしたし、
意見を募集している事も知りませんでした。
またメールの内容もパパさんのブログの内容を読んで、自分なりに考えて、
自分の言葉で送りました。

まさか自分の送ったメールが膨大に届いたであろうたくさんのメールの中から
紹介されるとは思ってなかったので、読み上げられたときはすごく嬉しかったです。
「こんな何の力もない20代の女一人でも、
行動を起こせば何かが変わる」って思えました。
やはりネットとテレビでは影響力がまだまだ違いますからね。
視聴者の皆様やスタジオにいた皆様が私の意見を聞いて少しでも
ネット社会について考えていただけたら嬉しいです。

私が行動を起こせたのはみんなパパさんのこのブログのおかげですよ。
パパさん、世の中は確実に変わりつつあります!!!
みんなで卑劣な犯罪者集団2ちゃんねるを撲滅するために
一緒にがんばりましょう!!!!!
ではこれからも毎日ブログランキングをクリックさせていただきます。
パパさんもお体にお気をつけて、ではまた。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



これから。
【2006/12/10 02:44】 レムさん

番組拝見しました。
いろいろと思うところもあるのですが、
気になったのは韓国のネット事情の話です。
向こうでも同じようなネットリンチが起こるのかと
驚いたのと、それがきっかけでネット規制が強まった、
という事実。
掲示板での匿名性を排除して国が個人を把握する
やり方がいいかどうかは別として、特に2chが存在する
日本においては必要なシステムになるかと思いました。

このまま2chを野放しにしておくのであれば、
言論の自由云々よりも深刻な精神ダメージを受けて
自ら命を絶つような人を救うことを優先すべきです。

そもそも情報の流出が恐ろしいのはそれを悪用する
人間が大量にいた場合であって、大して人の目を
引かなければ自然消滅して解決するはずです。
ですが今や「インターネットの匿名掲示板」といえば
2chと言われるほど人が集まり、なおかつ運営側が
悪意に満ちた人間であるあの場所が存在する限り、
自分も含めこうして素性を隠さなければ発言すらできません。
ネット社会を安全にしたいのであれば、まずその圧力を消すこと
だと思います。

番組内で核心を突いた内容は放送されませんでしたが、
これを基にこういった議論が積極的に交わされるようになれば、
いずれは事の発端に辿り着くのではないでしょうか。

絢香さんのようにここを見ている人の意見がメディアに
受け入れられたのは嬉しい限りです。
相変わらず西村氏はタレント顔でメディアに出ていますが、
いつかこのブログがメディアに取り上げられるようになるまで、
自分は管理人様を応援していきます。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/10 10:05】 ねこさん

私も「日本のこれから」を見ました。
2chでの匿名での誹謗中傷、
それによる実生活での被害の件も放送されていましたね。

意外にも2ch管理人の西村博之も出ていたり。
内容からすると2ch被害の核心にはまだ
殆ど触れられてはいなかったものの、
あれはあれでまた一歩ずつ前進してきているのだと思います。
それにしても、2ch管理人の無責任さは相変わらずですね。

しかし、NHKは西村博之が裁判で敗訴し、
損害賠償や慰謝料を一切払おうとしていないその実態までは出さなかった。

2chでの個人情報晒しや公開ネットリンチ・ストーキングが原因で、
自殺者まで出ていることも言わなかった。

そして、スタジオに集まったメンバーのうち、
20~30代の若者(「サイト運営者」などと名乗っていた者たち)を見てみると、
「たくさんの書き込みがなされている以上責任は持てない」
「どれが悪意のあるものでどれがそうでないかの判断がつかない」などと、

明らかに2chの姿勢をかばおうとする発言も見られた。
また、「規制を強化して、掲示板発言の言葉遣いがみんな丁寧になっていたりしたら、
果たしてホンネなのかどうかがわからない。
むしろくだけだり荒々しい方が信憑性があっていいんだ」と言う者もいた。
ひょっとして、出演していた彼等も2ch運営スタッフではないのか?とも思えましたね。

で、ネット犯罪の問題の核心を踏まえた上でどう対処すべきか?
っていうことをよく考えていたのは、私もやはりあの警察の方だけのように思えました。

確かに「匿名」は、自由な発言が出来るよう、またある程度身を守るのに必要。

しかし、犯罪が起こった際には、必ずその人物を追跡出来るようにしなければならない。
そして、ネットで迷惑・犯罪行為を行う人間を、ネットから排除するシステムが必要。

ネットによる情報の拡散(個人情報晒しや無責任発言など)が極めて強大な暴力になりうる
のがわかってきた以上、

「インターネットはまだまだ発展の段階だからあんまり自由を規制するのは...」
などとは言っていられないですよ。

専門家達も、もうちょっとそのへんは視点を変えて認識を深めてもらいたかったですね。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



極端な意見ではなく。
【2006/12/10 10:18】 雑です・・・さん

一部極端な意見「ネットを免許制にするべきだ」と
言っておられる方が居ますが・・・、これはかなり
極端なのではないでしょうか。

っとと、本題に参ります。
NHKの放送見ました、GJですよ、管理人さん。

一番驚いたのが韓国でもネットリンチが起きてることです。
犬糞女騒動等のことがありますし・・・。

しかし、メディアがこれを取り上げてくれたおかげか、
政府も極端ではなく、一番妥当な法律を作ってくれたおかげで、
これはかなり減ったみたいです。

猫タブーはもはや崩壊寸前。
メディアが2chを批判できるようになった今。
政府もメディアの意見を参考にして、極端ではなく、
妥当な法律を作ってくれるようになります。

さて、自分もこれを応援援護するために、
こちらもオンラインゲーム専門の2ch批判ブログを
書こうかなと思いますが(学生の見る視点で)
安全な批判のやり方とコツをコメントコーナーに
書いてほしいのですが、よろしいでしょうか?



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/10 16:38】 ちよさん

自分も「日本の、これから」を見ました。
2ちゃんねるについてはあまり触れられませんでしたが、
それでも少しは情報は伝わったと思います。

西村博之、ふざけた事を言ってましたね。

「匿名掲示板」というのは、
みんなが固定のハンドルネームを使う掲示板も含まれるのですか?

無記名で投稿可能なルールを作ってる掲示板
(2ちゃんねるのような)だと思ってましたが。

コメント欄の名前が無記名の「匿名ブログ」もありますね。

番組を見た方は分かると思いますが、声優の女性の方がいましたよね。
名前は伏せて置きます。
アニメ、声優系のラジオ番組が
好きな自分は毎週彼女の声を聞いているのでよく知ってる方です。

彼女も実は2ちゃんねらーの被害に遭ってます。
彼女はインターネットは「こわい!!」とボードで書いていました。

「‘匿名で書き込める掲示板‘どう思う?」の質問では、
普段しゃべる事になれているはずの声優の彼女が口を詰まらせてしまいます。

よほどの酷い思いをしたとしか思えません。
今の彼女のブログにはコメント欄がありません。

もし、あれば間違えなく2ちゃんねらーが一斉に攻撃してくるでしょう。
この番組を見て以前より2ちゃんねるに対して憤りを感じました。

みなさんが言う通り、
番組出演者には2ちゃんねらーが混ざっていてもおかしくないですね。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



安全なネット社会の実現を
【2006/12/10 17:00】 Hayaさん

パパさん、昨日のNHKの番組はなんだか残念でした。
絢香さんのコメントが放送されたことは大きな意義があったとは思うのですが。
内容があまりにも未消化で被害者の声が届いていたのかどうか疑問に感じました。

何回かに分けて話し合う番組、
もしくは被害者の声を一人でも多く放送していただけるような
番組になるといいなと思いました。

ネットの将来について私的な意見ですが、
できるなら、日本も韓国のようなシステムを導入してほしいと思っています。

表現の自由も大切だけど、若年齢の人たちの安全が脅かされたり、
無関係な人間の安全が脅かされたりするのでは
ネットがあっても百害あって一利なしです。

安全があって初めて表現の自由が成り立ちます。
話は変わりますが、西村氏の発言を聞いたり顔を見て思ったことですが、
サリン事件の直後、
テレビに出ていたオウム真理教の信者の人たちにかなり共通しているなーなんて
いう印象を受けました。

責任がないとか嘘や真実云々なんて三十路の仕事を持つ青年が言う言葉じゃないだろう、
責任者ならきちんと責任を取ることが
大人としての役目ではないかと思わずにいられませんでした。

でも彼に望むのはやめようと思います。
安全なネット社会への実現を願うだけです。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



情報提供お疲れ様でした。
【2006/12/10 22:34】 7jmsさん

NHKの放送は外出先で見てました。
番組の始めに紀藤弁護士の顔を見た瞬間、ウワッ・・と思いました。
この方と典型的な2ちゃんねる信者とタッグを組まれたことを
想像してしまいました。
見事にそれに近い形になっていたので最悪の番組構成を覚悟しました。

正直 やられた・・と思いましたね。
しかし覚悟していたほどの番組の流れにならなかったので内心
ホッとしてます。

製作プロデューサーが無難にまとめてくださったという印象です。
出演者達も本当は言いたいことは山ほどほあるのですが
言葉をやたら選んでいたような空気を感じました。

2ちゃんねる被害者の声優様がいらっしゃいましたが
彼女の涙ぐむ目が印象的でした。
言いたくても言葉に言い表せないほどの想いが湧き上がって
来たのでしょう。語らずとも言いたいことは私には解ります。
私も伊達に大勢の被害者を見てきてません。
2ちゃんねるの被害は本当に辛いんです。

本当に言いたいことを言い出せずにいるかのようなオドオドする
目の動きも非常に気になりました。

それにしてもあの出演メンバーは誰が選考したのでしょうね。
ネット界の陰気臭い顔ぶれが散見されたので、微妙な意味で
有意義な番組になったのではないでしょうか。
NHK様もたま~~に、食わせ物な演出してきますからね
ネットの悪い部分をさり気無く晒してくれてるようにも感じました(笑

加害者の発信者情報の開示をし易くする案だけには、何時ものように
国家権力の横暴がどうたらと大げさに市民の危機感を煽ってきました。
個人情報を国に預けたくないなら最初からお上に住民登録するなと言いたい。
市役所に個人情報を預けられて、警察には預けたくない?
なら最初からこの国に警察はいらないんです。

都合の良い時だけ、「お巡りさん助けて~ 警察も一生懸命やってる」
都合の悪いときだけ「警察は信用できないから何たらかんたら」
あほかと言いたいです。

カッコつけてないで自分の商売の邪魔になるからだとハッキリ
言えばいいんです。
NHK様には感謝したいですね。
あの彼等のネット以外では通用しないようなな詭弁をリアル社会
にも晒して下さいました。彼等は自分ってカッコイイ~と思って
いるでしょうが、それが彼等にとって大きなミスです。
リアル社会は馬鹿なインテリボーヤが幅を利かせるネット社会とは
違います。

リアル社会は規制してもいいが、ネット社会では無法地帯のほうがいい
などと言い切れるのなら私はそれでもいいのです。どんな極悪な
手段を使ってでも悪質な2ちゃんねらーを葬り去っても罪に問われない
のであれば私としても都合がいいのですがね。

彼等は解ってない。いかに自分は他の人々の情けと善意によって
生かされているのかを・・・いかに法律によって犯罪が抑制されて
いるのかを・・・



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



NHK「日本のこれから」
【2006/12/10 23:06】 リーさん

NHK「日本のこれから」をみました。
一部の評論家や学者先生方の意見にちょっと鼻がつきましたね。
「ネットの影ばかりいっている。」との意見を述べ
ネットの明るい将来性のことだけ視聴者に強調していたような
印象を受けた部分が、私個人は感じました。
そりゃたしかにネットには「可能性」というものがありますが
今のネット社会の「無法状態」に対してどう対処するか、
というような意見を聞きたかったです。

将来性をいうのもいいですが、
今被害になっている方たちのことも考えてほしかったです。

余談ですが、某声優さんは番組の途中から意見を述べるようなことが
なかったのが気になりました。
(そういえば表情も少しおびえていたような・・・)

実際にネットでの被害にあったかたと、
そうでない方になにか壁みたいなものを感じました。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/11 10:16】 ψさん

初めまして、いつも愛読しております。

「日本のこれから」やや残念な内容(切り口の甘さ等々)
ではありながらも一定の評価は与えられるのではないか・・・と私は思っています。

興味深いのは、
その翌日にNHK特集で「ワーキング・プア」の第2回があったことです。

本来であれば、
この特集で取り上げられた人々が立ち直るための有効武器にならなければいけない
(またその可能性をもっている)ネットが

汚され、その力が誤った方向にねじ曲げられている。

悲しいことだと思います。許されざることだと思います。

立花氏に問いたい。

高度成長がなにを生みました?あなたはまたバブルの幻想を信じているのですか?

ネットの社会では同じような過ちが行われつつあるのですよ。
いま自浄を行われなければ、結果ははっきりしているのです。

よけいなことまで書いてしまいました。すいません。

これからもご活動、応援しております。それでは。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



配慮があれば
【2006/12/11 15:32】 Hayaさん

某声優さんのことですが、
思わず声を詰まらせ泣き出してしまったシーンがとても印象的でした。

本当は、何かもっと言いたいことがあっただろうにと思いました。

私が感じたことは、
被害者と加害者が同席する場所で本音など果たして言えるのだろうか?でした。

彼女はとても怯えてたし慎重に言葉を選びながら喋っていたことに
ある種の不条理さ悪名高い2ちゃんねるの怖さを感じました。

NHKさんがこういう番組をつくったことは
とても勇気ある行動だと思いますが、
被害者に対しての配慮があったのかどうか疑問が残りました。

NHKさんにはもう一度、このような番組を作っていただけたらと思います。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



NHK
【2006/12/11 19:30】 G太郎さん

あの番組は民放では絶対に放映出来ない内容でしょう。
ただ、どう見てもちゃんねらーと思われる連中と
被害者を同じスタジオに集めるのだけは??と感じました。

これを取っ掛かりとして継続して放送して
頂ければ徐々に2chの本質が理解されるものと思っています。

ネット免許制をメールした方の意見が放送で取り上げられましたが、
このサイトでの意見が公共放送であるNHKで全国の視聴者へ流れたのは
非常に大きいと思います。

私は韓国のように国民番号を入力する代わりに、
住基ネットを利用した
ICカードによる本人認証が無ければ掲示板に接続出来ないようにするのが、
今の現状ではベターだと思っています。

日本のICカードの技術力は鉄道で実証されているので、
わざわざリーダーを使わなくても将来的に画面にかざすだけで本人認証が出来るような
システムを作ってもらいたいと思っています。

匿名と言論の自由をごちゃ混ぜにするからAVEXの丑田のような連中が後を絶たないのです。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



無題
【2006/12/11 23:58】 わしょーいさん

まあ・・・
「かきこみの嘘を見抜けない人が悪い」というスタンスなら、
「どれが悪意のかきこみでどれがそうじゃないか分からない」
人は運営に関わってはだめでしょうね。

そういう人って、生徒が自殺とか事件とか起した時に、
校長の責任うんぬんとか言い出す。

管理職の責任で騒ぐんだったら、
掲示板の管理人とか運営とかっていう人も責任があるんじゃないですかあ。

番組、誹謗中傷というあいまいなゾーンまでしか取り上げてませんでしたね。
個人情報をさらされて被害を受けている人がいるのに・・・。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
「多くの被害を生み出す2ちゃんねるは私たちの社会には必要ない!!」
と思う方はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]



スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。