2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
実在する『デスノート』2ちゃんねる。その2
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


前回のつづきの前に、
コメント欄にご指摘もあったことを訂正いたします。

前回の記事にあったような、
縦書きの誹謗中傷についてはデスノートより以前から、
このようなやり方があったとのこと。

6月の嫌がらせの際には
『えるしっているか』などと、
漫画の内容そのままのものが数件書き込まれていたため、
誤解しておりました。

申し訳ありません。
前回の記事にも訂正をしておきます。


さてそれでは前回の続きです。





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


前回の記事にも書いたように、
デスノートと2ちゃんねるには共通点が多い。
そのお話の続きです。

もうひとつの大きな共通点としては、
『キラは神様だ』と報じ、もてはやすメディアや、
恐れおののいて動かない行政の様子。


これと全く同じ状況が2ちゃんねるにもあるわけです。


デスノートを読んでいると、
やはりこの点の異常さにも大きく共通していることにも
驚かされます。


そして漫画中には『さくらTVの出目川』なる人物が、
キラ信仰を煽るメディアとして登場します。

これはまるで、
『電車男を広めようとした堀江貴文』を風刺しているように
見えるのは私だけでしょうか??




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



デスノートを読み始めて最初の方では、
(もし仮に作品が2ちゃんねるを風刺しているものだったとすると)
2ちゃんねるを大いに正当化している作品のように
見えていました。


しかし作品中のメディアなどの動きを滑稽に描いている様子は、
現状のメディアの『2chを恐れて報じない風潮』を
否定的に表現しているように感じ、

「2ちゃんねるを肯定している」という捉え方にも
疑問符が出てきます。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



そして『主人公』という『読者が身を置きやすい立場の登場人物』が、
初めは『正』としているような存在であったにも関わらず、
最後には『悪』となって完結する。

この流れにも、
(もし最初からそういった結末を描くつもりで話を展開していたならば)

2ちゃんねるを『正』として信仰している若者たちが、
最後には『悪』と気付かされる。

そういった願いも、
この作品の全体の流れから読み取れるように感じます。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



そして夜神ライトという主人公の変貌。
初めは純粋に「世の中から悪を無くす」という目的だったものが、
次第に善が消え始め、
「ゲームのように人を殺し始め」
次第に邪悪へと身を置いていく様は、

まさしく2ちゃんねるに没頭し、
次第に社会正義が大義名分に変わり、
罪も無い人たちをも平気で傷つける、
『悪質2ちゃんねらー』になっていく子供たちの没落にも
非常によく似ているのです。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



以上は私がデスノートを読んで、
「2ちゃんねると似ている」と思った点の一部です。

実際に作者がそのような意図で描いているかどうかは、
私には分かりません。



しかし、デスノートと2ちゃんねる。
この両者が非常によく似ており、
更にメディアの対応、信仰する若者たちなど、
共通の議題がこの作品中にも、この2ちゃんねる問題にも、
存在するのは明らかです。



そして善悪の判断という側面においては、
この『デスノート』と比べれば
2ちゃんねる問題はさして判断は難しくは無いということ。

デスノートでは、
「夜神ライトは正しいのかどうか?」という疑問符が
テーマのひとつのようですが、

2ちゃんねるはこの夜神ライトの場合と違って、
大義名分すらない『明確な悪』なのです。





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


さて、物語の中には、
キラと対峙する勢力として、
Lやニア、メロ。そして元警視庁の刑事たち。
が描かれています。


Lやニアは私たち2ちゃんねる問題を提起する人たちと同じく、
姿を隠し、身の安全を確保しながら、
戦いを続けています。


もし2ちゃんねる問題とこのデスノートを重ね合わせるのならば、

レジスタンスの方々、
ストレス発散板の弱者さんや私、
そしてこのブログを応援してくださっている皆さんが
『L』という形になるのでしょうか。


ひとつ大きく違うのは、
私たちはただの一般人であるということ。





現実で繰り広げられる『デスノート』の物語も、
漫画のデスノートと同じような勝敗を迎えること。

・・・それを切に願うばかりです。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
「多くの被害を生み出す2ちゃんねるは私たちの社会には必要ない!!」
と思う方はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。