2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
2ちゃんねるは誰のためのもの?
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


これまで、2ちゃんねるの問題点や引き起こしてきた犯罪などを
紹介してきました。

そこで、ぜひ一度みなさんに考えてもらいたいことがあります。


それは、

「2ちゃんねるは一体誰のために作られたものなのか?」


ということを。




「2ちゃんねるは完全匿名性ですよ。」

「だから誰でも自由に言いたいことを言えるんですよ。」


これが彼らの謳い文句です。

しかしながら、名前を隠して、大勢が同じ名前にして、
隠れて物を言える人間だらけの世界、

つまり現実に置き換えると「透明人間の世界」は、
果たして誰のプラスになるのでしょうか?


結局のところ、誠実に生きている人にとっては
特にそこまで名前を隠す必要は無いのです。

既存のインターネットで利用するHNなどといった
あくまで個人名を公開しない為の匿名で充分なのです。



2ちゃんねるのようにより匿名性が高く、
みんな同じ名前を使って「誰が誰だか分からなくする」仕組みは、
結局自分の発言に責任を取りたくない人だけに必要なものです。


つまり、マナーを守らない人間や犯罪に利用する人間にとっての
プラスにしかならない「より高い匿名性」なわけです。

まず匿名性の部分では、
彼ら犯罪者やより悪意の強い人間のより有利に運ぶよう、
2ちゃんねるでは巧妙に仕組まれたシステムになっているのです。



しかし、その「透明人間の世界」の中で、
唯一透明人間を可視できる人間たちがいます。

そう。運営している側の人間たちです。

そして彼らは自身が透明人間(匿名)になることができ、
さらに複数を装うことができる。

つまりいくらでも大人数を装い、
あたかも多くの人が自分たちの意図する意見に賛成している
という形に持っていけるのです。


その逆に、他の人間が自分たちにとって都合の悪い意見を有している場合、
その意見を大勢を装って封殺したり、(これは2ch内外を問わず)
もしくはIPなどのログを元に身元を調べ、
恫喝するなどの方法も容易です。
そしてそれを他の名無しさんになすりつけてしまえば無罪放免です。



そしてそれらはシステムが誰のためのものか?
と示すとおり、
実際に彼らによって悪用されているのが2ちゃんねるの実像です。


つまり、2ちゃんねるという場所は
「犯罪や後ろめたい行動をしたい人」と「運営する人間」にとって
有利に働くように、巧妙に計算されているシステムであり、
結局彼らのために作られた仕組みになっているのです。


「匿名性が高い」ということは「自由な表現の場」
 という印象につながりやすい。


そこを利用した巧妙なトリックなわけです。



例えば2chでの削除システムなどを紐解いてみると最も分かりやすいのですが、
削除要請にはメールなどではなく、
わざわざ掲示板で本名や住所などを公開しなければなりません。
誹謗中傷の加害者も見ることができるような場所に。

そしてそれを削除する削除人たちは、
全員「ボランティア」ということになっており、
(実際は給料を受け取っているが)
特に削除の義務は負わないのです。

つまり気分次第で深刻な誹謗中傷の削除にも応じないことができ、
実際に応じていないケースが多いことで、
個人情報を公開した上に削除もしてもらえず、
被害者たちは2次被害に合わされるのです。


つまり2ちゃんねるでは被害者に大きな責任を負わせる仕組みで、
「悪いことはやったもの勝ち」の世界なのです。


2ちゃんねるに対して批判を行えば、
「それは妄想だ」
「証拠はあるのか?」
などと言われますが、証拠が無いのは当然です。


証拠として2chのスレッドを紹介すれば削除され、
内部告発者が名乗り出れば、その身元を特定して
家族まで脅して有用な証拠を消させるのですから・・・。



しかし、2chの匿名性や削除要請システム他、
各システムをきちんと紐解いていくと、
2ちゃんねるという場所が、一体誰にとって都合が良くできているのか?
それが明確になってきます。

そして実際に彼らがそのシステムを悪用して行動しています。


例え証拠が隠滅されようとも、
口先でうまくごまかそうとしようとも、


人間はその起こしてきた行動には嘘は付けません。


だから証拠が無くても、皆2chの批判に対して納得するのです。

このブログがランキングの上位にたどり着いたとき、
彼らはこのブログに田代砲を撃ち、
膨大な嫌がらせコメントを残し、
批判ブログをわざわざ立ち上げ、
たった数時間で何千票ものスパム投票で上位を奪いました。

しかし結局その「行動」が彼らの悪質さを露呈することになり、
当ブログの票数は倍以上に増えることになったのです。


ブログランキングから不正を注意されたからなのか?
それとも大きく叩いてもかえって嫌われるのが分かったからなのか?

彼らは今、スパム投票をやめています。


その結果、
彼らは一般ユーザーからはほとんど支持されていないのです。


これは、結局口先で何を言おうが、
彼らの行動がこちらの訴えに大きな信憑性を持たせてしまった結果です。



皆、口では2chを批判できないだけなんです。
言ったら最期、徹底的に嫌がらせや恫喝されるのが分かっているから。

でも言えないだけで、
あなた方のやり方は健全なインターネットユーザーには嫌われています。




結局、2ちゃんねるは悪意を持つ者と運営している人間のためのものです。




だから、中学生の女の子が名前を晒され、
顔写真を卑猥な写真で合成されていても、
私たち大人はそれを助けてあげることすらできなかった。

擁護に入っても「本人か?」「関係者か?」と決め付けられ、
何の力にもなれなかった。



「弱い者」「誠実な者」がより虐げられるような仕組みの掲示板は、
他の健全なユーザーの迷惑にしかなりません。


そして善良な2ちゃんねらーのみなさん。
結局2ちゃんねるはその心臓部から悪質なので、
変わる事はあり得ません。

そして、彼らが訴える2chの良い部分というのは、
実は他の掲示板やコミュニティのほうが遥かに優れており、
2chに特化する部分ではありません。

そしてあなたが善良な方であっても、
悪質な2ちゃんねらーがいる限り、
あなたも同じ「名無しさん」だと評価されてしまうのは
仕方が無いことなのです。

もうこんな掲示板には見切りをつけましょうよ・・・。



「名無しさん」の群れに隠れて、
自分の言ったことに責任を持たない。

それは当然、礼儀やマナーを放棄でき、
言ったことの責任を負わないので楽かもしれません。

しかし、それらを捨ててしまえば、
それを守って誠実に暮らしている人たちから
「軽蔑」されるのは至極当然なのです。

いかに2ちゃんねるの中にいても、
2ちゃんねるはあくまで社会の中の一部でしかない以上、
外の人たちから軽蔑されてしまうのは当たり前です。


インターネットという場所は、
「人と対峙している」というリアリティを失いやすい場所です。
そのことを忘れて発言する方が圧倒的に楽なのです。

でも、それを忘れない人が本当の意味で「強い」のではないでしょうか?


名無しさんの陰に隠れて人を攻撃すること。
そして残酷な情報に対して何も感じないことは「強さ」ではありません。

「本当の強さ」とは、自分を。そして自分より弱い人間を守ることにこそあります。

分かりやすく例を挙げれば、
「凶器を持ち、闇に紛れて自分より弱い人間を傷つける者」と、
「素手で自分より弱い者を守りながら戦う者」
どちらの方が真に強いと言えますか?

もしもあなたが「強さ」を求めるならば、
弱者を傷つける2ちゃんねるに依存しないでください。


「2ch運営の秘密をもっと詳しく知りたい!」と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。