2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
昨日の記事について。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


昨日の記事を受けて、
色々な意見がコメント欄にも寄せられました。

私と同じように、
このような被害に言いようの無い怒りを覚えた方も
いらっしゃいますし、

その逆に被害者の二次被害を懸念する声もあります。

被害者の二次被害を防ぐ。
それが何より優先されるべきです。

その懸念は、私が記事に書いた行為よりも『最も正しい判断』。
間違っているのは私かもしれません。
それは書く前からも、消えないことです。

何も言わないのが、
最も被害者のことを考えた行動であることは間違いありません。




しかし、それでも私は何故記事にしたか。


昨日の冒頭にも書きましたが、
私は事件を知ってからずっと頭を悩ませていました。

そして何故、私が記事にすることに決めたのか。

これ以上事実を知る人を増やしてしまえば、
結局被害者自身を苦しめてしまう。

だから私はずっと沈黙を続けてきました。

そしてずっとずっと、
この事件を取り扱うサイトなどを追っていました。
追って、前述したように片っ端から通報する。
歯痒かったけれど、これを一人でやっていくしかない。
ずっとそう思って悔し涙を噛んできました。


しかし、その調べるうちに当たった現実。

どのサイトも、行くサイト行くサイト、
コメント欄で指摘している方がいらっしゃるように、
2ちゃんねる側の意見ばかり。

被害者のことを面白半分に弄ぶサイトばかり。

更に新聞などのメディアという、
ネット社会以外の場所にまで広がるような媒体でさえ、

2ちゃんねるの権力に怯えて、
いや。便乗して彼女のことを面白半分に掲載している。


誰も彼女の被害について怒りや非難を挙げない。

彼女が深刻な被害者であるという『真実』を口にしない。



これは非難できない人を責めているのではない。
非難できないのは当たり前なのだ。

誰だってみんな、2ちゃんねるが怖い。


それにやはり、一番正しいのは前述したように、
二次被害を考えて口を開かないこと。

それを分かっている人たちも多いのでしょう。
いい人で賢明な方であればあるほど。


・・・では非難できるのは、誰なのだろう。


きちんと2ちゃんねるの反撃に備えて、
対策を万全にしている「反2ちゃんねる」しかないのではないか?


金曜日の夜に「太田総理」の番組にも出ていましたが、
日本人は大多数の意見に流されやすい。

こうして全ての媒体が「面白半分」に取り扱えば、
自分の意見として「酷い」と思った意見も、
しだいに見る人の中から消え去ってしまう。

これはこれまでも2chがやってきたことでもあります。



ここまで広く、知れ渡ってしまった残酷な事件。



これを非難したり、不快感を示す意見が無い。
「彼女が被害者である」という真実が、
全ての媒体から消え去ろうとしている。

皆がこんなに残酷な事件を、
「残酷だ」とか「被害者の味方だ」と思う人はいなくなる。


大きく広めてはいけないのは当然だが、
誰かが『真相』を伝えなければ、
誰もが正常な判断を見誤る。

それも被害者にとって残酷なのではないだろうか。

正しく被害者として見る人が誰もいない。
世の中が全員敵。

・・・本当はもっと酷なのではないか。


「家族や身の回りの人」だけじゃなく、
彼女を面白半分に見る人が一人でもいなくなって欲しい。

大規模にそれを訴えるべきではないが、
人間らしいきちんとした目で、
彼女がやられた仕打ちを理解してあげられる人がいて欲しい。

大多数の意見に流されないで、
真実の人間らしい心を持って事件を見直して欲しい。

私はそう思って記事を書くことに踏み切りました。



この行動は間違っていたのかもしれない。
正しいのかどうかは私にも判断できない。

でも、誰もが沈黙するならば、
私だけでもと思い、誰かが書くのを待った結果
記事に書きました。


それが最も大きな理由です。




そして第二の理由は、
皆さんに育てていただいたお陰で、
私はこのブログを2ちゃんねるの暴挙の抑止力になりつつあります。


以前の電車男DXの放送では、
このブログで放送の事前に電車男の嘘などを書くことにより、
検索エンジンのキーワード『2ちゃんねる 電車男』では、
放送日当日までに1P目の上のほうに表示されることになり、

2chの実態を知らないで電車男を見てしまった方に、
2chに行く前に真相を知らせることに成功しました。

現にあの当時、そのキーワードから来るアクセス数も高騰。
かなりの方が2ちゃんねらーになる足を止めることになったと思います。

あの当時、「なんで今更そんな記事を書くんだ」という意見もありましたが、
あの時に書いたのは実はそういう理由です。


そして今回の被害の2ちゃんねるの狙いは、
あまりにも酷すぎる事件であり、二次被害に及ぶ可能性の高いものは、
どんなに理不尽な内容であっても、
二次被害を懸念して2ch反対派も書かないだろう。
メディアも非難できないだろう。
邪魔が入らず、大々的に集客できる。


そういう汚い魂胆が見えてきます。


私は小泉元首相も安部首相も大嫌いだが、
イラク人質事件の判断は苦渋であったが、
非常に悔しい結果にもなったが、そうすべきだったと思う。

そういうやり方に屈してしまえば、
連中は味を占めてまた同じ手口で、同じような被害が出る。


誰も言わなければ、
連中がまた同じような方法で被害者を出す可能性は高いのではないだろうか。

私のブログも『テロには屈しない。』

これ以上、同じような被害が出ることは一切許さない。
今回と同じような手口での集客は二度とさせない。

もうこんな残酷な被害は絶対に起こしたくない。


非道なことをやればやるほど、
集客に及ぶ以上に、多くの人に非難が広がる。


当然あまり知られていない被害については、
被害者本人の要請でも極めて強く無い限り、
一切このブログでは掲載しない。


だけど、2ちゃんねるの連中に言っておく。

どんなに汚い手を使おうが、
私はここで正常な判断ができる方たちに伝える。

お前たちがやる汚い集客方法は、
全て『裏目』にしてお前たちがやっている残酷さを伝え、
正当な非難に形を変える。

正当な非難を、正しく伝える。


この姿勢を貫くことで、
第二、第三の被害を生まない。
それも理由のひとつです。


最後に。
一言付け加えたい。

今回の事件で彼女の被害をつい好奇の目で見てしまった男性のみなさん。
仕方がないのかもしれない。
しかし『とても人間として恥ずべきだった』とだけでも思って欲しい。
そして、ものの見方を見直して欲しい。


私も男性だから、余計なことは言うべきではないし、
女性の気持ちを100%理解できているかは分からない。

しかし、
コメント欄でサリーさんがおっしゃっていること。
それと私も同じ意見だ。


私も、ここのブログを見ている多くの良識ある人たちも、
間違いなく被害者の方の味方だ。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
「2ちゃんねるの被害者をこれ以上出さない為に」クリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。