2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ネット社会の常識」と「一般社会の常識」。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


昨日ご紹介した記事、
2ちゃんねらーとさくらちゃんを救う会との対談のなかに
このような文節がありました。

・がんだるふさんと「救う会」の間の、
 ネットに、特に匿名掲示板に対する大きな「温度差」も浮き彫りになった。

・ネット社会に耐性がない人間にとっては・・・


つまり、ネット社会に疎い人たちにとっては
このようなネット社会でのトラブルについて
一瞬意味が分からない、理解し難い世界に映るのです。


そしてその対談においても、
2ちゃんねらー側は
『知らなくても、それがネットでの常識だ』
とでも言うように振る舞い、
まるで被害を受けたさくらちゃんを救う会が常識を知らないかのように
言っている側面も見られます。


この『それがネット社会の常識だ。知らないほうが悪い』
というこの言い分は、頻繁にネット社会に疎い被害者や企業担当者に
2ちゃんねらーが口にする常套文句でもあります。

しかし。
果たして彼らが言う「ネット社会の常識」とは、
本当に常識なのでしょうか??


そして何故??
2ちゃんねらーと一般人の間にそのような「温度差」が産まれるのでしょうか??








まず初めに。
ここで重要なことは、
彼らの言う「ネット社会の常識」というものは、
ネット社会の常識ですら無いということです。

彼らが無理矢理、「常識」として被害者に押し付けているのは、
ネット社会の"非常識"でもある『2ちゃんねるの常識』。


2ちゃんねるに都合が良くなるように、
2ちゃんねる運営陣が作り出した都合の良い屁理屈を、
繰り返し繰り返し言われ、刷り込まれてきた、
『自分たちに都合の良い逃げ口上』

それを妄信し、オウムのように繰り返しているだけ。
2ちゃんねる信者たちの、自分の意見ですらないのです。


内容はそれこそ『駄々っ子』のように自分たちに都合が良いものを
羅列しただけなのですが、
オウムのように繰り返され、耳に入れてきて妄信している
『2ちゃんねる真理教の経典』とも言えます。


つまりは、彼らの言う『ネット社会の常識』は、
自分たちだけに都合の良い、単なる子供の屁理屈であり、
『ネット社会の常識とは程遠い』ということでもあります。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



さて。
では彼らの言っている
「ネット社会の常識」
「一般社会の常識」
「2ちゃんねるの常識」

を、分かりやすく彼らの言い分になぞらえて図に示してみます。






つまり、上の図にして彼らの言い分を示してみると、
「一般社会の常識」と「ネット社会の常識」はまったく別のもの。

更にそのネット社会の常識というものは、
2ちゃんねるの常識の範囲内ということにもなります。



果たして本当にそうなのでしょうか。



「ネット社会」というものは確かに実社会とは違ったシステムがあり、
また独自の風土が根付いているとも言えます。

しかし「ネット社会」というものは、TVゲームの世界とは違うのです。


きちんと心を持った人間たちが暮らし、
笑い、悲しみ、怒る・・・。

いかにヴァーチャルのようだとはいえ、
あくまでもネット社会は現実。

「お空の上の不思議な世界」では無い。




では実際には、3つの社会常識の関係性はどうなっているのでしょうか。
以下の図をご覧下さい。





つまり「ネット社会の常識」というものは、
あくまで「一般社会の中の一部」。

さらに「2ちゃんねるの常識」というものは、
また「ネット社会の常識の一部」でしかないわけです。

結論から言ってしまえば、
『一般社会でやってはいけないことは、ネット社会でもやっては駄目』

こうして図にするまでもなく、
小学生でも知っている当たり前のことなのです。



わたしたち日本社会に暮らす社会の中に「ネット社会」があり、
そしてその中に「2ちゃんねる」という陳腐な異質世界が広がっているだけ。

特に倫理観やマナーといった観点でも、
「ネット社会だから」「2ちゃんねるだから」といって、
「一般社会の常識を無視していいことには成り得ない」のです。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



つまり。
2ちゃんねる信者たちが「これはネット社会の常識」などと言って来た場合も、

私たち一般人はその『駄々っ子のような自分に都合の良い言い分』を
聞いてやる必要は全く無く、
それに合わせてあげる必要もありません。



あくまで一般社会の常識から判断し、
「普通の人」の意見として一般常識の観点から、
物を見て正当な意見を返せばいいだけの話です。



また同様に、
"2ちゃんねるを初めて見たときに感じる大きな違和感。"

それは「ネット社会の常識に慣れていないから」ではなくて、
あくまで私たち一般社会の常識から逸脱した、
『自己中心的なカルト集団』を目にするからこそ、
普通の人は違和感を感じるだけの話です。


これはオウム真理教の例と比べていただければ、
もっと分かりやすいでしょう。

「彼らの中で作られた、自分たちだけに都合の良い常識」というものが、
いかに社会では受け入れられなかったか。

"教義の為なら人を殺しても良い。"

そんなことが社会で受け入れられるはずもありません。



オウム真理教も、2ちゃんねる真理教も。
身勝手な『駄々っ子屁理屈』を述べて新世界を気取っているだけで、
一般社会からは到底受け入れがたい、

異質な反社会的文化を推奨し、一般社会にまでも変質犯罪者を産みだす、
カルト集団的価値観を無理矢理、私たちに押し付けているに過ぎません。



私たちはあくまで「一般社会の常識」の観点から彼らを見、
そして「一般社会の常識」から彼らの価値観と見比べれば良いだけ。

普通の価値観でまともな人間から見れば、
2ちゃんねる真理教はやはり非難すべき危険な対象であることは
誰もが気付く、実はとても当たり前のことなのです。


私もこれまで、一般常識の観点から2ちゃんねるを見てきました。
だからこそ、多数派の意見で押しつぶそうとする2ちゃんねる側に対して、

数の暴力で少数派にならざるを得ない、
2ちゃんねるの批判は「このたったひとつのブログ」にもかかわらず、

(手前味噌ながら)
多くの人たちが共感してくれて、
こうして人の目にも付くようなブログになっているのです。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
「2ちゃんねるの身勝手な価値観は従うに値しない!」と思う方はクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。