2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
初心に帰って。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


また昨日の記事を受けて、
管理人向けコメントを含め多くの方に励ましを頂きました。
ありがとうございます。

そして申し訳ない・・・。
私はもっと、このブログを支持してくださっている皆様を
信じるべきでしたね。

2ch側がどんなに巧妙な手口で誤魔化そうとも、
誤魔化されていない方や、
私の真意が伝わっている方が
思ったより多くいらっしゃったことに深く感激致しました。




これからは無理せず、
休むときはきちんと休んで頑張りたいと思います!

正直なところ、
このブログを開設した4月から、
ほとんど毎日記事を書いてきました。

もちろん、私は仕事も持つ身であり、
更に家族や友人誰一人にも
にこの活動のことは一切口外しておりません。
このことを知っているのは私ひとりだけです。

どこから、誰に「私=ひとりの親」が漏れるか?
分からないのであれば、
万全を期す必要があるからです。

つまり、反映は昼間に行っていますが、
記事は家族も寝静まった深夜に書いているので、
正直寝不足な日も多々あります(笑)

コンディションについてはそれなりに
調整をつけているつもりですが、
今後はより冷静に、自身のコンディションを考慮し、
休むときは休むようにしていきたいと思っています。

多くの方に労いの言葉を頂き、
本当に感謝しております!!



さて「初心に帰る」という意味でも、
自分の記事を見直すために、
夕べはカテゴリ毎にまとめた記事を順番に読んでみました。

改めてこうしてカテゴリにまとめると、
ある程度のデータベースのようなものが出来上がっている実感と共に、
過去のものであっても、
大きな事件(清水香織裁判、NHKの特集番組など)がまだ欠けていること
にも気が付きます。
今後はその補強にも力を入れたいですね。


手前味噌ではありますが、
最近になってこのブログを知った方は、
このブログ画面、右側の『もくじ(カテゴリ)』から、
順番に目を通して頂ければ、
『2ちゃんねるの実態』『その防衛策』についても、
理解していただけるのではないかと思います。



そして大半の記事には「ソース」
つまり、具体的な根拠も付いています。

2ちゃんねるが引き起こす多くの被害は、
妄想でも無根拠な話でもなく、
紛れも無くこの日本のネット社会の中で、
実際に起こっていることなのです。


時々、このブログを外部のサイトでご紹介してくださっている
方をお見かけします。

そんな時、人が集まるサイトの場合、
必ずといって良いほど、2ch側はこんな意見を書いてきます。

『妄想だ』『捏造だ』、と。

これは読んでいない人にはその意見を取られてしまいかねないのですが、
是非2ch側の「自称:読んだ人」ではなく、
ご自分の目で読んで確かめて頂きたいと思います。



以前、裁判のくだりでご紹介した、ジャーナリストの寺沢氏のご意見。

"寺沢氏は「2ちゃんねるを相手に訴訟を起こして勝訴しても、
泣き寝入りしている人がたくさんいる。そんなことが許されるわけがない」と話している。"

かつて2ch反対運動を行っていた方のご意見。

"2chの営利の為に、情報が操作され、人為的に企業や個人が叩かれ、
多くの人々が金銭的にも精神的にも甚大な被害を受けているというのに、
その悪事が隠蔽され何ら罰せられずにいる……
こんな馬鹿な事があってよいのだろうか?"

そしてせいろん談話室常連さんの意見。

"オウム真理教に何となく似ている程度で済めばいいが。
既存マスコミは2chを新時代の言論空間などと呑気に称揚している
場合ではない。
事態の本質に目を向け若者たちの危険な問題に
警鐘を鳴らすべきではないのか。 "



多くの罪無き人たちが、深刻な被害に合い、
多くの人たちが職場を追われ、
そしてまた多くの人たちが、自身の尊い命を絶っている・・・。


しかしメディアは「猫タブー」という言葉の通り、
圧力を恐れて『だんまり』を決め込んでいる。
メディアで批判的な意味合いで「2ちゃんねる」とは決して言わない。

ネット社会でも2chを批判する者は吊るし上げられ、
非難するサイトは潰され、
このような現状は人々には伝わらない・・・。


知らなければ、対策もできない。
警戒もできない。

被害者が増加する。

2chの圧力を与える力が増す。



この悪循環には誰かがピリオドを打たなければいけない。

それは私であったり、
これを見ているあなたであったりするわけです・・・。


このブログも約半年続けてきたなかで、
多くの人にこれらの「隠蔽された真実」を伝えてきました。

結果、2ちゃんねるを辞めた人。
または2ちゃんねるで悪質行為を行っていた人も、
考えを改めてくれています。

たったひとつのブログが広まることで、
世の中の2ちゃんねるへの非難も少しは出てきたように思いますし、

また後述しますが、
2ちゃんねるはMIXIだけではなく、
はてなにも追い抜かれたようです。



時勢の追い風もあって、
そろそろ「猫タブー」も解禁されつつあるように、
今朝のとあるニュースを見ても感じている次第です。



もう終わりにしましょう。

「私たち日本人の優しいインターネット」
「卑怯な手口が非難、軽蔑されるインターネット」
「子供たちも安心して遊べるインターネット」

これはWeb2.0や新しい機能を持ったネット社会、
つまり便利さ。

よりも「安全さ」という前提条件が何よりも優先されるべき。

これは2chを離れ、人々がMIXIに向かっていることからも、
もはや「ユーザーが何を必要としているか?」明らかなことです。

「ネット社会にはもっと安全が必要だ」と思う方はクリックをお願いします!
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。