2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
電車男はやはり嘘だった。その2
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


今回は昨日の記事「電車男はやはり嘘だった。」の解説です。

先ず解説に入る前に、コメント欄にあった疑問にお答えしておきます。
「ひろゆきのHNの人物にはトリップがない」
「本人じゃないかもしれない」
というご意見もありましたが、申し訳ありません。

文章のレイアウト上、トリップまで入れてしまうと次の行まで行ってしまう為、
トリップは全て、私が引用する際に省略してしまったので、
表記されていないだけで、実際には「ひろゆき」の書き込みには
きちんとトリップが付いていました。

これは該当の2chスレッドや、東京kittyさんのブログには
しっかりと明記されていますが、

「339 :ひろゆき :2005/07/15(金) 07:58:41 ID:99Duv3TD0 ?###」


のようにトリップは付いていました。
ですので、まずこれは西村博之本人の書き込みと見て間違いないでしょう。

トリップは残しておくべきでしたね。
申し訳ありません。
あとで修正を加えておきます。




さて、それでは昨日の解説に入りたいと思います。


先ず、電車男というものは
「実際に2ちゃんねるで起こった出来事を物語にしたもの」
つまり「実話・ノンフィクション」として大々的に売り出されていたわけです。

しかし、電車男のやりとりが行われた直後から、
あらゆる時間の不一致などから、
実際に詳しい人ほど「ヤラセだ」という非難をしています。


では出版にあたって、その「実話」としての根拠が挙げられたかというと、
これは昨日も解説しましたが、
『西村が本人と実際に会った』という証言のみ。
常に嘘ばかり付いてきている男の証言があるだけで、
2ちゃんねる運営側からも、出版に至った新潮社からも、
一切証拠の提示は無いのです。


さらに西村によれば、
「電車男本人は著作権など一切の権限を求めなかった」とのこと。
これだけの大ブームにも関わらず、1円もいらないのだそうです。

これは電車男がとてもいい人なのか?
それとも実在しないのか?

その2択になると思いますが、
これも実際にお金の支払いが発生すれば、
実在しないことがすぐに分かってしまうので、
「こういうことにした」と考えれば辻褄が合うのです。


同様のネット発の実話として有名なものは
「鬼嫁日記」がありますが、
この場合、筆者本人はメディアにも度々登場していますし、
「実話」としてのしっかりとした根拠があるのです。

この鬼嫁日記の例と比較してもらっても、
どれだけ「電車男が実在する」という根拠があやふやなのか?
お分かりいただけるのではないでしょうか??

さらに昨日の文中にも出ているように、
これだけ多くの人間が関わったことなのに、
酔っ払い事件に出てくるおばさんなど、
誰も影すら見せていない。



そして今回の東京kittyさんの指摘にあるように、
電車男の話の冒頭にある、エルメスとの出会いのシーン。
そう、酔っ払いがエルメスに絡んで、
起こったとされる暴動事件。
「これが実際に起こったことなのか??」
ということは、この「電車男の実在」を最も証明しやすく、
必要最低限の2ちゃんねる運営側の説明責任でもあります。


電車男本人は、該当スレッドの中で
「京浜東北線」「警察官が出てきた」などと言っており、
日にちも明記してありました。

すなわち、該当する駅を調べ、
実際にそのような騒動があったかどうか??
これを調べれば、電車男が実話であったかどうかの
証明はできるのです。

文中にもあったように、
これは非常に重要な論点になっているのです。


しかし「実際に会った」とされる西村は、
「元から駅名は知らなかった」の一点張り。
これでは「電車男が実在した」という証明は一切できません。

東京Kittyさんの発言にもあったように、

 416 :東京kitty ◆a1GNWHiwwM :2005/07/15(金) 08:13:06
 順番としては、「ネタではなく事実」として売った以上、
 まず主張した順番はひろゆき・作者・新潮社の方が先であって、
 その証明責任の充足もひろゆきの方が先になるよ

まず証拠を提示するのは2ちゃんねる側です。


東京Kittyさんに詰め寄られた西村は、
「プライバシーの問題もあるから」と苦しい言い訳。

そもそも、多くの被害者のプライバシーを公開し、
自殺者まで出しながらも、削除には応じない癖に、
「プライバシー」を口にするとは何事かと。

結局西村は「電車男の実在」を一切証明できず、
アワアワと苦しい言い訳をするに終始したわけです。


『電車男の存在を証明する証拠は何も無い』
『証拠を出さないことへの西村の説明は辻褄が合わない』
一連のやり取りはこれらを深く印象付けてくれています。

これらのやり取りを見ても、
あなたは「電車男は実在する」と思いますか??

「電車男はやっぱり嘘話だ!」と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

(次回につづく)
スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。