2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
カルト集団はまずマスコミを否定する。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


以前の記事で、2ちゃんねるの実態をオウム真理教に例えて
『2ちゃんねる真理教』と呼ぶべきだというお話をしました。

カルト教団と2ちゃんねるの類似点は、
他にももうひとつ大きなものがあります。

それは、
「マスコミなどの報道を全否定する」
という傾向です。



2ちゃんねるでは周知の通り、
マスコミのことを“マスゴミ”と呼び、
何もかもを
「偏向報道だ!」
「捏造だ!」
「左翼メディアだ!」
と根拠も無い言いがかりを付けて、
一般社会での報道を嘘だと信じ込ませようとしています。




・・・この様子、何かに似ていませんか??





そう。
かつてオウム真理教も、
自身に都合の悪いものはすべて、
「陰謀だ!」
「宗教弾圧だ!」
と否定しにかかっていた・・・。


・・・その様子に非常によく似ているのです。





確かに、マスコミの報道を全て鵜呑みにするのは危険ですし、
誤ったものなども多く存在するでしょう。

しかしここで気をつけなければならないのは、
“マスコミが仮に間違っていたからといって、
 それを否定している者の発信する情報が正しいというわけではない。”

ということです。


人間の心理というものは不思議なもので、
「何かを大勢で否定する者たち」が、
「否定されている者」よりも正しく、正確な情報を発信しているかのように
錯覚してしまうものです。


マスコミを批判しているからといって、
その批判をしている2ちゃんねる真理教が正しいということには
決してならないのです。


しかし、2ちゃんねるでは、
以前せいろん談話室の例でご紹介したように、
「マスコミ否定論」に加えて、
「2ちゃんねるこそがマスコミに取って代わる新しいメディアだ!」という言い分が
狂信者たちの中から溢れ出ています・・・。


あなたはマスコミと2ちゃんねる、どちらを信じますか??
どちらのほうが具体的に根拠や物証を持っているでしょうか?
どちらのほうが意図的に情報を操作しやすい環境でしょうか?
どちらのほうが無根拠な決め付けが多いでしょうか?


・・・答えは言うまでもありませんが、
マスコミの情報に誤りがあるからといって、
2ちゃんねる真理教の教義が正しいわけでもなんでもなく、
むしろ遥かに誤りや決め付け、意図的な刷り込みが多いのは
2ちゃんねるのほうです。




そして数多のカルト集団が、
そして2ちゃんねる真理教が。

真っ先にマスコミの情報や、
一般の常識を否定するのは何故なのでしょうか??


それは簡単なことです。
『自分たちに都合の良い情報のみを信じさせる』
『信者たちをマインドコントロールする』
為にはまず、

既存のマスコミの報道、
そして「一般の常識」は間違っている!
「あんなものは嘘ばかりだ!」
と教え込まなければならないからです。

そしてそこから、
「正しい情報は・・・」と、
自分たちに都合の良い言い分を信者たちに刷り込んでいくのです・・・。

結果、信者たちは
「皆が騙されている中、自分たちは真実を知っている。」
「自分たちは選ばれし者たちだ」
と、どこか得意気なのです。

世間のなんたるかを実際にあまり自分の目で見たことも無い
者たちが多いにもかかわらず・・・。


「2ちゃんねるの情報は、マスコミ以上に信用できない」
と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

スポンサーサイト

▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。