2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
新潟中越地震~2chボランティアの嘘発覚!~
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


昨日の記事、
地震被災者の「心の傷」さえも遊び道具にする2ちゃんねる。では、
一昨年の新潟中越地震の際に2ちゃんねるで行われた、
極めて悪質な「被災者や家族への陰湿な嫌がらせ」について
ご紹介致しました。

今回はその続きです。


今回この新潟中越地震の件を記事として取り上げた理由は、
実はその中越地震の際に、
ご実家の復旧作業で現地にいらっしゃった方から、

前回の記事に挙げた2ちゃんねるの悪質行為へのご意見。


そして当時並行して2ちゃんねる内で話題になっていた、

「中越地震被災者を救うための2ちゃんねるボランティア」

この実態についての情報提供のメールを頂いたからです・・・。

(情報提供頂いたGさん、本当にありがとうございます。)





【被災地の現場にいたGさんのメール】

 はじめまして、毎日拝見しております。
 私が2chに疑問を持ったのが、一昨年に起きた中越地震の時です。

 私の実家が被災地の長岡市で、
 被災当初、電話が繋がらなかった事もあり、
 NHKの安否情報にメッセージをお願いして、テレビを見てたら

 「新潟市 田代まさし」など明らかに2chでよく見掛ける用語が連続したので、
 2chを見たら案の定「祭り」としてNHKに偽の安否情報を流していたのが分かり、
 それ以来嫌いになりました。→「参照:昨日の記事」

 アクセス稼ぎの為なら被災地もネタにして平然と
 「頑張れ!中越」とは何事かと…。

 その後しばらく被災地情報なるものが2chに出てましたが、
 復旧情報やボランティアに関する情報は半分以上がガセ。

 私は実家の復旧で現地にいましたので、
 2chが流す「嘘」が本当に腹立ちました。

 2chは「現地の混乱もネタにする」恐ろしい掲示板です、

 このブログで取り上げてた
 「杉並教科書問題」「湘南のごみ拾い」を見て大笑いしました。

 「何一つ実現出来ない糞掲示板」、それが2chです。

 それから自身のプロバイダーをYAHOOから
 ぷららネットワークスへ乗り換えました。

 長くなってしまい、申し訳ありません、
 最後に「今の2chはもう長くない」と思っています。





Gさん、本当にありがとうございます。


また、被災地についての情報がいかにデタラメで、
「2chが役に立った!」
と今でも自慢げに2ch運営が持ち上げてくる出来事。

そのことにも、現地に居たGさんが、
2通目のメールで実態を語って下さっています。




【被災地の現場にいたGさんのメール(2通目)】

 管理人様 こんばんは
 今回は私の実家が被災した中越地震で2chが貢献した?
 と言う矛盾を少し書きたいと思います。

 なぜか未だに消していない2chボランティアを見ると
 2chが情報提供や物資の提供をしていて、
 大いに貢献しているように書かれた
のを見て大笑いしました。

 まず彼らがやった?カイロを送るOFFで、
 2005年1月29日に最後のカイロを旧山古志村へ送ったと記されてましたが…。

 雪が降り始める2004年12月にはすでに仮設住宅への入居が
 被災した全ての行政区で完了しており
 (最後だったのが12月23日頃、旧山古志村向けの仮設)、

 カイロは必要ない状態
 (仮設には暖房が備え付けられていましたし、
  冬季の雪下ろしは体力を使うので、
  屋外でも汗が出るほどでカイロは全く必要ない)でした。

 新潟市「田代まさし」とNHKに電話する程度ですから…。
 (新潟市は震度4でしたが、被害は全く無かったし、
  新潟市は中越地方ではありません)


 被災地で2chの情報が役に経ったと言うのは嘘だと断言出来ます。
 被災した人の大半が自分の父親と同じ50代以上で、
 PCを不得意とする方ばかりで、
 私自身も県庁や自治体のHPから情報収集していましたので(笑)

 嘘を嘘と見抜く必要があるような掲示板から収集する
 より行政の方が信頼出来ますし、
 IP抜かれたりする心配も全くありませんからね…。

 ダラダラと長文になり、失礼しました。
 これからも応援させて頂きます。 




そもそも、本当に2chはカイロを送ったんでしょうか??
正直、Gさんの話を聞くとその話も疑わしいです。

もし送ったとすれば、
確かに「カイロを送った」という行動を、
心を込めて行った「一部の」善人2ちゃんねらーの方々の心は、
賞賛すべきだと思います。


しかし、「2chが送ったカイロがとても役に立った!」
この言い回しは、ほんっと~に事あるごとによく耳にします。

「現地の人たちが本当に感謝してくれていた!」
なんてこともよく聞きます。



こんな誇張した、もしくは嘘の話は、
非難を浴びたときに美談として紹介するのに値するのでしょうか??





しかも、2chでは結局、
とりあえず盛り上がる為に情報を書くのが運営側の仕事なので、
嘘やデマがどうしても多くなります。

つまり正確な情報には期待できません。

こうした有事に全く情報として役に立たないことも
この件で証明されているのです。



また、この中越地震の際には、

「2ちゃんねるで呼びかけて集まったボランティアが大活躍した!」

などと2ちゃんねるお得意の美談として、
「いいところもある」という言い逃れの為に活用している、

2ちゃんねるの「責任逃れの伝家の宝刀」があります。



今回は長くなりましたので、
その2ちゃんねるのボランティアの活動内容の実態について、
当時現地に居たGさんの証言をまた明日紹介したいと思います。




2ちゃんねるの運営陣のみなさん・・・。
こういうことなんですよ。

2ちゃんねるの「嘘とデマカセ」や「決め付けとデマ」。
これを繰り返すことで、
とっくに人々の心が離れているにもかかわらず、
付け焼刃で「盛り上がり」を演出してきたのでしょうが、



「現地に居た人には嘘は通用しません!」



嘘やデマカセのメッキは必ずいつか剥げるのです。
どんなに言論統制しようとも。




それになんだかこの2chの誇張の仕方、

『敬愛なる我らの指導者が、○○の作業について指導してくださった!!』
『敬愛なる我らの指導者の誕生日には大きな虹がかかった!』
『2倍くらいに美化された肖像画』

こんなことをやってるどこかの独裁国家と、
非常にそっくりだと思うのですが・・・。

だからこその「ネット社会の北朝鮮」なのかもしれませんね・・・。



このように、苦しんでいる被災者に対する悪質な嫌がらせだけではなく、

自身のイメージアップのために、被災まで積極的に利用する。
しかもそれは誇張や嘘ばかり。

この事実を見て、あなたはどう思いますか??

「被災者を利用した嘘でイメージアップするのは良くない!」
と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]

(次回、また実際の当事者の方のメールの続きをご紹介します。)


スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。