2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
『一部の人がしたこと』では決して許されない。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


2ちゃんねる信者の皆さんからのコメントに、
あまりにもしつこく入ってくるので、
とっくの昔に論破されている2ch屁理屈『一部の人』について再度UPします。

以前お伝えした記事、
「卑劣!高岡蒼甫さんの被害。2ちゃんねるを絶対に許すな!」をご覧頂いた方には、
2ちゃんねるによる被害がどれだけ深刻なのか?どれだけ卑劣なものか?
多くの人に分かってもらえたと思います。

高岡さんは苦労人でもあり、
顔写真からもタフさが滲み出ていますが、
それでも「自殺まで考えた」程の、
卑劣で深刻な心の傷を残すのが、2ちゃんねる被害の真の姿なのです。

しかし、高岡蒼甫さんのような被害に合い、
自殺を考えるまで深く傷ついた方、
そして顛末を目撃して非難する声に対して、
2ちゃんねらーたちはいつも同じセリフを、
非難として浴びせます。


 「それは一部の2ちゃんねらーがしたことだ。」
 「だから2ちゃんねるの全てを悪く言うのはおかしい。」
 「2ちゃんねらーにもいい人はいる。」
 「2ちゃんねらーはボランティアもしている。」
 「2ちゃんねるを悪く言うのは偏見だ!決め付けだ!」...etc.


この「定番の屁理屈逃げ口上」を耳にするたび、私は思います。


 「そんなことで被害者が納得するとでも思うのか?」と。



 「それは一部の2ちゃんねらーがしたことだ。」
 「2ちゃんねらーにもいい人はいる。」

確かにこの言い分は間違ってはいないでしょう。
確かに全ての2ちゃんねらーが悪人だとは限りません。




だから私も、定期的に「2ちゃんねらー」を大きく3つに分けて
以下のように定義していることも度々記事に書いているのです。

 1)プロ固定(煽り屋)
   ・・・運営側の人間で、一般参加者を装い言論を煽動している者たち。

 2)ネット珍走族(悪質2ちゃんねらー)
   ・・・悪質行為を行い、加担する者たち。

 3)一般2ちゃんねらー
   ・・・悪質行為などに加担しない、一般の利用者たち。






確かに悪事を働く2ちゃんねらーは、
比率は高いでしょうが「一部の人」でしょうし、

2ちゃんねらーの中にも「いい人」はいるでしょう。


しかし、

 「それは一部の2ちゃんねらーがしたことだ。」
 「2ちゃんねらーにもいい人はいる。」

もしこの言い分がまかり通るのならば、
「社会問題」として非難されてきた全ての企業や団体への非難も、
全く無効になってしまうことになります。



 今騒がれているパロマガスだって、社員の中にいい人はたくさんいます。
 悪事に加担したのは「一部の人」だけです。

 エレベータのシンドラー社だって、
 悪事に加担したのは「一部の人」だけです。

 あの地下鉄にサリンをばら撒いたオウム真理教だって、
 一般の信者の中には社会に迷惑を一切かけていない
 「いい人」だっているでしょう?




「一部の人がやったから」
「いい人もいるから」

というのは鼻糞ほどの言い逃れにもならないのです。


例えいい人がいるからといって、社会はそう見てはくれません。

悪いことをやっていればおしまい。
2ちゃんねるは全体として見れば『悪』。
それは「決め付け」でも「偏見」でもない、ただの『事実』なのです。
社会から非難されれるのは当然のことです。




確かに、2ちゃんねるには折鶴を広島に寄贈するなどの
「ボランティア」も(それこそ「ほんの一部」ですが)
運営が言い逃れを作る為に画策し、やってはいます。

参加した人の心には、
きっとそのような善意があったことでしょう。

しかし、ボランティアをやった人がいるからといって、
「2ちゃんねるが冒した犯罪行為」が軽くなるわけでもなんでもありません。



例えば飲酒運転で事故を起こして、人を殺めた人がいたとします。
そしてその人が「ボランティア活動」をしていたとしても、
そのことで「いい人なのに」と同情はされても、
罪は決して軽くはなりませんし、行った悪事は決して消えません。
「罪を犯したら罪人」それは子供でも分かる当たり前のことです。


「いいことをした」からといって、
行った悪事が相殺されることには決してならないのです。






と、ここまでは理論的な部分。
論理的に言っても、
このような頭の悪い屁理屈はまかり通らないのですが、

被害者感情からみると、非難はもっと辛らつです。

自分が自殺まで考えるほどの苦痛を与えられ、
その加害者はすぐに「名無しさん」の群れに逃げ込んでしまう。

その「名無しさん」の誰が、自分に危害を加えたのか?
決して分かりません。

そうすると非難の対象は「名無しさん全体」に及ぶのは、
感情的に仕方ないことなのです。


例えば自分が暴漢に襲われたとします。

そしてその犯人は、同じフルフェイスヘルメットと、
同じ服装の群れの中に逃げ込んでしまったとします。


そうなれば、その同じ格好の奴ら全体にに嫌悪の目を向けるのは仕方がないでしょう。




そもそも、
深刻な被害に合った被害者や、
このような有害行為に対する非難の声を上げる人たちに
 「それは一部の2ちゃんねらーがしたことだ。」
なんてバッシングを浴びせること、それ自体が大見当違い。


非難され、そんな連中と一緒にされるのが嫌ならば、
「罪を犯した者」と「それを煽ったり放置している2ch運営」、
そして「2ちゃんねるのシステムそのもの」に
怒りの矛先をお向けなさい。




そのような言い逃れを非難として浴びせ、
被害者たちを二次被害に合わせるなんて言語道断。

そして、そのような言い訳を使うのは、
大半がその当事者である加害者だったりするので、
なおさら「陰湿極まりない」し、許せないのです。

プロ固定たちなんかは率先して、
「加害者」と「一般2ちゃんねらー」を使い分けていますから。




そして、2ちゃんねらーとして、
ネット珍走族たちと一緒にされるのが嫌ならば、
悪事を働くネット珍走族たちを追い出し、
2ちゃんねるのシステムそのものを変えてみてください。

運営側が率先して悪事を働いているので、
まず無理だと思いますが。



そもそも、「2ちゃんねらー」でいることは、
誰かに強制されているわけでもなんでもないですし、

「悪事を働く人たちと同じ目で見られたくない」
「自分は悪事を働くことも無い」

というならば、2ちゃんねらーなんてやめればいいんです。



2ちゃんねるなんて、悪事を働く人間の為に作られたような掲示板ですし、
2chの「いいところ」として挙げられる部分は、
大概「インターネットのいいところ」であり、

他の掲示板サイトのほうが圧倒的に優れています。

そして悪事を働いていなくとも、
2ちゃんねるにアクセスするだけで、
悪事を働く2ちゃんねる運営に「広告料」という、
資金援助をしているに他ならないのは事実なのですから。



私としても、一般の2ちゃんねらーの方々が仮にいい人であっても、
今後とも「2ちゃんねるへの非難」の手を緩めるつもりは毛頭ありません。

ガンガン非難の声をあげ、
ネット社会、実社会にもどんどん広めていくつもりです。

これは昨日、高岡蒼甫さんの声を聞いて改めて再認識しました。

そして私の知っている2ch運営の暴露話も
遠慮せずにガンガン書いていきます。


世の中に「2ちゃんねるの実態」が広まる前に、
一般の2ちゃんねらーの方は2ちゃんねるを辞めておくことをお奨めします。



もうこれ以上、被害者を出さない。
自分の子供たちの未来に、異常犯罪者を輩出する組織を残さない。

それが私の心であり、信念です。


「私の考えに共感してくださる方」
「『一部の人がしたこと』では決して許されない。」

と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]


スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。