2ちゃんねる から子供たちを守ろう!
『北朝鮮掲示板・2ちゃんねる』の真相。子供たちの未来に北朝鮮掲示板は要りません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「自分と向き合えない」ネット珍走族。
→本日の2ちゃんねる嫌われ度(BlogRanking票数)は?←


他人の足を引っ張り、
事実無根の誹謗中傷を作り上げることで、
真面目に生きる人たちを「自殺」「社会生活の崩壊」に導く、
ネット珍走族たちの娯楽、2ちゃんねる。

彼らにはどのような人間が多く、
そしてどのような人間的失陥を抱えているのでしょうか?

今回はそれについて、
詳しく解説してみたいと思います。



先ず、最近顕著になってきている
「2ちゃんねるよりMIXIが支持されている」
という現状。



これに対抗する為に、
2ちゃんねる側は「サービスの向上」などで勝負せず、
いつものようにライバルを卑劣な印象操作で下げることで、
また1位に返り咲こうとしているようです。





かつては「MIXIは閉鎖的だ」との印象操作が、
2ちゃんねるからあふれ出していましたが、

今は2ch運営側は"新しい印象操作"を推進しているようです。
それが、

「2ちゃんねるは大人のインターネット」
「MIXIは子供のインターネット」


というイメージ作りの戦略のようですが、


これは実際には逆で、

「2ちゃんねるは子供のインターネット」
「MIXIは大人のインターネット」


ということが、
書き込みの質を見ていても明確なことでしょう。

※実際にMIXIは18歳未満は入会できません。




2ちゃんねるのネット珍走族、VIPPERなどの低次元な連中は特に、
その言動や発想などから考えても、
彼らの言動はどう見ても「中高生」くらいにしか見えません。

恐らく総合的に見てみれば、
最も多いのは20代前半の大学生くらい。
次いで高校生、
そして社会性の乏しいタイプの30代が続く。


といったところが現状ではないでしょうか。



実際、「社会生活の場」を比喩として持ち出す場合、
2ちゃんねるでは「会社」ではなく、
「学校」が例に出されるケースが多いことも、
その裏づけになっています。

実際にこれまで犯罪を犯して逮捕された、
多くの2ちゃんねらーたちの年齢分布にもそのような傾向が強く、
さらに20代、30代でも「無職」といった者たちが多いことも、
この説の根拠に繫がります。
「参照:2ちゃんねる発の逮捕者」




そして、彼らのあまりにも世間の価値観から逸脱した考え方からも、
彼らの「集団の中での立ち位置」というものは、

「教室の片隅に追いやられている」

という姿が目に浮かんできます。



彼らは社会から疎外され、
もしくは学校などで誰からも相手にされず、

その「原因」を「自分自身」ではなく、
「社会」に向けているのではないでしょうか。





私は個人的には「ひきこもり」や「ニート」という人たちは
そんなに「責め」の対象にはありません。

確かに「社会的な活力の低下」という面では、
由々しき問題ではありますが、
その「時間の使い方」によると思うのです。

その社会から離れている時期に、
社会的経歴にはマイナスですが、

より自身と向き合うことができるならば、
かえってプラスに転じる可能性もあるからです。




しかし、そのような環境に置かれた人間が、
自分が誰からも相手にされないことを「自分のせい」にはせず、
「世の中が悪い」という責任転嫁から、

強烈な悪意を罪のない「自分と向き合っている」人たちに向ける。

その「攻撃の為の武器」が無ければ問題は無いのですが、
「2ちゃんねる」という匿名暴力を手にすることで、
彼らはその「歪んだ娯楽」を楽しみ、

そして罪無き人を貶めることで、
「自分が攻撃を受けている被害者よりも上の立場にいる」
かのような錯覚、いや幻覚を見て酔いしれている
と言えるでしょう。

その幻覚は、「自分が高いところにいる」というものや、
本来抱えている自分の実社会での問題を解決しているような
錯覚も作り出すのでまた厄介なのです。




しかし、ここで彼らに言いたいこととしては。
「ネット珍走族たちがやっていることなんて、
 誰でもやろうと思えばできる。」

ということなのです。

そんな、人の悪口ばかり言うだけで偉くなれるのなら、
強くなれるのなら、とっくにみんなやっています。

しかし、そんなことで人間は本質的に強くはなれない。

ただ無駄な時間を費やし、
「人間の誇り」を失うだけなので、
みんなやらないんですよ。

そもそも、そんなことやってる暇があったら、
何かもっと建設的なことにトライするなどして、
自分と向き合って生きた方がいいわけです。





先日記事に書いた、
俳優の高岡蒼甫さん2ch被害に合う。も、
そういった意味ではこの顕著な例でしょう。

この高岡蒼甫さんという俳優さんは、
正直私も経歴を見るまではピンと来なかった。

確かに月9やドラマ、映画の主役になるほどの
大きな知名度はないかもしれない。

しかし、この若さで注目、評価されている背景には、
夢を持ち、きちんと稽古を積み、自分と向き合い、
舞台などで努力してきた経緯があったからこそでしょう。

この高岡蒼甫さんは、
少なくとも「自分と向き合って努力してきた」からこそ、
このような結果にも繫がっているし、

人気のある女優さんのハートを射止めるだけの魅力もあるのです。





それをネット珍走族という、
自分と向き合うこともできずに、
そのせいで誰からも相手にされないということにも目を背け、
理不尽にその原因を社会に向け、
無関係で無実な人たちを貶める・・・。


被害に合ったのが自分ではなくても、
このような理不尽なことにはやはり、
第三者が見ていてもやはり、
「胸糞が悪い」ということになるのです。



「自分と向き合って努力する人」
「自分と向き合うことさえせずに、何でも社会のせいにするネット珍走族」
どちらのほうが立派ですか??

どちらのほうが報われるべきでしょうか?


ネット珍走族たちは、
「人の足ばかり引っ張っていないで、自分と向き合った方がいい」
と思う人はクリックをお願いします。
↓   ↓   ↓
[人気ブログランキング]


スポンサーサイト
▲TOP

皆さんにご協力をお願いします!

<B>ひとりの親。</B>

Author:<B>ひとりの親。</B>


「犯罪掲示板2ちゃんねる撲滅」
をご希望される方は、↓のバナーを
「1日1クリック」継続のご協力を!

みんなの手で、
犯罪掲示板の撲滅を実現し、
自由なインターネットを取り戻そう!
 



SINCE 2006/04/05

[2ch反対!コメントコーナー]

[脱2ch依存症!
情報交換コーナー]


▼お役立ち記事▼




ブログ内検索

 もくじ (カテゴリー)

※各カテゴリの一番下の記事からどうぞ。

 

リンク

フリーエリア





最近のコメント

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

★最近一週間の記事★

QRコード

QRコード

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。